渋谷に来年3月初上陸!環境に優しすぎるアパレルブランド「エコアルフ」

2009年に誕生したリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみを使用したアパレルブランド「ECOALF(エコアルフ)」。このブランドの日本1号店が、来年3月、渋谷区神宮前にオープンし、初上陸をはたす。

創業者であるハビエル・ゴジェネーチェ氏は、次の世代に残すべき世界を考えた結果、サステイナブルなファッションブランドを作ろうと決意。動物由来の素材を使用しないことを公言してブランドを立ち上げた。

アイテムは、漁師が魚と一緒に引き揚げた海洋ゴミなどを使用しているにも関わらず、ファッションとして非常に高い完成度を誇り、また、永年使用できるような飽きのこないデザインを実現。このため“環境に優しすぎるファッションブランド”として多くの支持を集めている。

また、ブランドスタートと同時に非営利組織「エコアルフ財団」を創設。海洋プラスチックゴミなどを回収し、リサイクル素材の再生製品として販売する「アップサイクリング・ジ・オーシャンズ」活動の推進もしている。

このブランドの上陸により、日本のアパレル業界にもサステイナブルファッションの大きな波が起きそうだ。

Top image: © ECOALF
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
イタリアのプレミアム・カジュアルブランド「Mr & Mrs Italy」が待望の日本上陸!9月14日、青山に日本初の直営店がオープンする予定だ。多くの海外...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ファーマーズマーケットで火がつき、「Whole Foods Market」で人気となった、ロンドンで話題の「白いキムチ」。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
11月1日にオープンする「渋谷スクランブルスクエア」への出店が日本初上陸となるスペイン王室御用達のレストラン「ホセ・ルイス」が、来年5月に世界初のリゾート...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
オーストラリア大規模森林火災で被害にあった動物たちのために、ニンジンやじゃがいもをヘリコプターで空中から投下する「ロックワラビー作戦」が実施中!
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...