渋谷に来年3月初上陸!環境に優しすぎるアパレルブランド「エコアルフ」

2009年に誕生したリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみを使用したアパレルブランド「ECOALF(エコアルフ)」。このブランドの日本1号店が、来年3月、渋谷区神宮前にオープンし、初上陸をはたす。

創業者であるハビエル・ゴジェネーチェ氏は、次の世代に残すべき世界を考えた結果、サステイナブルなファッションブランドを作ろうと決意。動物由来の素材を使用しないことを公言してブランドを立ち上げた。

アイテムは、漁師が魚と一緒に引き揚げた海洋ゴミなどを使用しているにも関わらず、ファッションとして非常に高い完成度を誇り、また、永年使用できるような飽きのこないデザインを実現。このため“環境に優しすぎるファッションブランド”として多くの支持を集めている。

また、ブランドスタートと同時に非営利組織「エコアルフ財団」を創設。海洋プラスチックゴミなどを回収し、リサイクル素材の再生製品として販売する「アップサイクリング・ジ・オーシャンズ」活動の推進もしている。

このブランドの上陸により、日本のアパレル業界にもサステイナブルファッションの大きな波が起きそうだ。

Top image: © ECOALF
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事