「イスラムの礼拝」が環境に優しくなる

風変わりな姿をしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないと思います。

というのもこれ、イスラム教徒のために考案された礼拝用マット。通常のそれの半分ほどの面積しかありません。

なぜこのような形状なのか?それは、環境負担を考慮してとのこと。

礼拝時の姿勢を考えたとき、マットにつくのは手やおでこなど身体の一部のみ。「であれば、長方形じゃなくてもいいでしょう」というのが、このマットを手がけたデザインスタジオ「Shepherd Design Studio」の考え。

イスラム教徒は世界中に16億人以上いるといわれていて、彼らがマットを使用する回数は1日に5回。必需品であるマットがこのような姿になれば、確かに環境面で一役買いそうな予感。

ちなみに、まだ試作品ということで、天然ゴムやコルク、水着をリサイクルした素材を用いたりと、改良が続いています。これは、誰もが心地いいと思える使用感を追求しているとのこと。

これまで革新的な変化がないまま受け継がれてきたものが、ここまで大きな変化を迎えようとしている。自分と無関係なものだったとしても、注目してみたくなります。

©2018 Shepherd Studio
©2018 Shepherd Studio
Reference: Dezeen
Top image: © 2018 Shepherd Studio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
4月にアメリカ最大のフェス「コーチェラ」にも出演したカニエ・ウェスト。「宗教団体」を設立か——そんな話題で、人気ミュージシャンの動向に注目が集まっている。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
自然分解されるバンブーファイバーで作られたコーヒーカップ「Ecoffee Cup」より、異国の風情が漂うオシャレな新デザインが登場!
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。