「イスラムの礼拝」が環境に優しくなる

風変わりな姿をしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないと思います。

というのもこれ、イスラム教徒のために考案された礼拝用マット。通常のそれの半分ほどの面積しかありません。

なぜこのような形状なのか?それは、環境負担を考慮してとのこと。

礼拝時の姿勢を考えたとき、マットにつくのは手やおでこなど身体の一部のみ。「であれば、長方形じゃなくてもいいでしょう」というのが、このマットを手がけたデザインスタジオ「Shepherd Design Studio」の考え。

イスラム教徒は世界中に16億人以上いるといわれていて、彼らがマットを使用する回数は1日に5回。必需品であるマットがこのような姿になれば、確かに環境面で一役買いそうな予感。

ちなみに、まだ試作品ということで、天然ゴムやコルク、水着をリサイクルした素材を用いたりと、改良が続いています。これは、誰もが心地いいと思える使用感を追求しているとのこと。

これまで革新的な変化がないまま受け継がれてきたものが、ここまで大きな変化を迎えようとしている。自分と無関係なものだったとしても、注目してみたくなります。

©2018 Shepherd Studio
©2018 Shepherd Studio
Reference: Dezeen
Top image: © 2018 Shepherd Studio
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
その色のせいもあってか、どことなくBOROの魅力に近いかも。
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...