「Timberland」の環境に優しい「6インチブーツ」に注目!

アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。

彼らは自然保護や環境保全に取り組み、一人ひとりの積極的な行動を促すために「NATURE NEEDS HEROES」というテーマを掲げており、今回のコレクションではオーガニックコットンや独自に開発したサステイナブル素材を取り入れている。

その象徴となるのがTimberlandの代名詞でもある「6インチブーツ」だ。素材だけでなく原材料の調達にもこだわり、エネルギー使用や廃棄物産出、水処理などに関する評価が高い皮革工場のプレミアムレザーを使用。また、リサイクルPET素材を40%以上含む「ティンバードライ ウォータープルーフメンブレン」を採用したことで、環境に配慮しつつ高い防水性を実現させた。

「NATURE NEEDS HEROES」を軸として、ほかのアイテムも展開しているので、そちらもお見逃しなく。

©Timberland
©Timberland
©Timberland
Top image: © Timberland
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事