環境に配慮した“自然に優しい焚き火台”が話題

空前のアウトドアブームにあって、とくに焚き火への注目度は高い。

数えきれないほど多くの種類がある焚き火台のなかからどれを選べばいいのか。これは難しいテーマだ。

そんななか、サステイナブルな視点を大切にし、自然と社会を共に豊かにすることを目指して立ち上げられたアウトドアガレージブランド「we know enough<」から“自然に優しい焚き火台”が登場!

©2021 we know enough<

焚き火をするにあたって気をつけなければならないことの一つが、火の粉放射熱によってフィールドにダメージを与えてしまうこと。たとえ焚き火台シートを利用したとしても、避けられない場合もある。

そういった影響をなんとか抑えようと開発されたのが、同ブランドの焚き火台だ。従来の焚き火台と同様の火床に加えて、地面から浮かせた位置に灰受けプレートを設置。

地面や草花との空気層を設けることで、風通しをよくし、焚き火によるフィールドへのダメージを極力少なくすることが可能になったのだ。

デザインも無駄を削ぎ落としたミニマルかつスタイリッシュな仕上がり。これには自然の美しさを際立たせ、焚き火やアウトドア、自然の魅力を最大限に満喫してほしいという思いが込められている。

©2021 we know enough<

機能面においては、火床にステンレスメッシュを採用することで、フレッシュエアを取り込んで不完全燃焼が起きにくく、高い燃焼効率を実現。また、燃焼後の灰を下レイヤーの灰受けプレートにスムーズに落としこみ、空気の通り道を作る。

挙げればキリがないほどのこだわりが詰まった逸品は、現在「Makuake」にて18600円(税込)〜の全8プランで応援購入を実施中だが、好評につき受付を終了しているプランも......。

自然あってのアウトドア。これから始める方も、すでに始めている方も、“自然に優しい焚き火台”を選んでみてはどうだろうか?

Top image: © 2021 we know enough<
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
5パターンに変化する焚き火台「トランスフォーム焚火台」
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
「HELLY HANSEN」がアウトドアシーンでの“キャンプ”や“焚き火”などの活動を想定したウェアを今月中旬発売。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
日本の花火職人が開発した炎の色をカラフルに変える魔法の粉「炎神」が 今月4日から発売中。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。