環境に配慮した“自然に優しい焚き火台”が話題

空前のアウトドアブームにあって、とくに焚き火への注目度は高い。

数えきれないほど多くの種類がある焚き火台のなかからどれを選べばいいのか。これは難しいテーマだ。

そんななか、サステイナブルな視点を大切にし、自然と社会を共に豊かにすることを目指して立ち上げられたアウトドアガレージブランド「we know enough<」から“自然に優しい焚き火台”が登場!

©2021 we know enough<

焚き火をするにあたって気をつけなければならないことの一つが、火の粉放射熱によってフィールドにダメージを与えてしまうこと。たとえ焚き火台シートを利用したとしても、避けられない場合もある。

そういった影響をなんとか抑えようと開発されたのが、同ブランドの焚き火台だ。従来の焚き火台と同様の火床に加えて、地面から浮かせた位置に灰受けプレートを設置。

地面や草花との空気層を設けることで、風通しをよくし、焚き火によるフィールドへのダメージを極力少なくすることが可能になったのだ。

デザインも無駄を削ぎ落としたミニマルかつスタイリッシュな仕上がり。これには自然の美しさを際立たせ、焚き火やアウトドア、自然の魅力を最大限に満喫してほしいという思いが込められている。

©2021 we know enough<

機能面においては、火床にステンレスメッシュを採用することで、フレッシュエアを取り込んで不完全燃焼が起きにくく、高い燃焼効率を実現。また、燃焼後の灰を下レイヤーの灰受けプレートにスムーズに落としこみ、空気の通り道を作る。

挙げればキリがないほどのこだわりが詰まった逸品は、現在「Makuake」にて18600円(税込)〜の全8プランで応援購入を実施中だが、好評につき受付を終了しているプランも......。

自然あってのアウトドア。これから始める方も、すでに始めている方も、“自然に優しい焚き火台”を選んでみてはどうだろうか?

Top image: © 2021 we know enough<
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事