自宅で楽しむ自分だけの「小さな焚火台」

愛用のマグカップでコーヒーを飲むように自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台が登場した。愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」

材質はステンレススチール、暖炉のような耐熱ガラスの開閉式の扉付き。風の影響を受けにくく、揺らめく炎をガラス窓から楽しめるというわけだ。

小型で軽量なソロキャンプ用の焚き火台なら折りたたみ式、組み立て式などいくらでも存在するが、「Flame Mug」は自宅仕様。ついでに焚き火のほか、焼肉BBQ調理もこれ一台!

焚き火台自体のフタにもなる厚さ6mmの鉄板プレートで肉を焼いたり、やかんやシェラカップでお湯を沸かすこともできる。付属の五徳をセットすればフライパン調理もOK。「網目プレート」「油受け皿」といったオプショナルパーツも充実しているので多様な楽しみ方ができそう。もちろん、ソロキャンにも十分対応してくれる。

大自然のなかでゆらめく炎をぼ〜っと眺めていたい。けど、都会の薄明るい夜空の下でも焚き火は焚き火。“家でもキャンプ気分”に最良のツールでは?

©Makuake
©Makuake

@Makuake / YouTube

『Flame Mug』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/bof/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...