オンライン飲み会で流したい、ただただ「焚き火だけ」の癒し動画15選

はい、タイトルの通り「ただただ焚き火だけ」の動画をまとめました。

ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気分を味わうもよし。最近増えてるオンライン飲み会の肴としてストリームするのも悪くない。

シンプルで、ソリッドで、ピュアな焚き火動画15選をじっくりご覧あれ。

01.
遠くの波の音を聞きながら……

海辺で撮影された焚き火動画。パチパチという火花の音と、後ろで聞こえている波の音がたまらん! (アクセントに鳥の鳴き声もあり)。ずっと聞いていられそうなハーモニーをどうぞ。

02.
もう少し波に近づいてみた。

こちらも「海辺×夕暮れ」の動画ながら、グッと波際に近づいた印象。焚き火の存在感はもちろん、自分の足元まで波が寄せてきているような臨場感が味わえるのも魅力です。

03.
湖畔のキャンプ気分を味わうなら!

陽が落ちて、少しずつ暗くなる湖畔でソロキャンプをしているような気分になれる25分の焚き火動画。背景の鬱蒼とした木々が、抜けのいい海辺とはまたひと味ちがった感情にひたらせてくれるんです。

04.
虫の鳴き声にこんなに癒されるなんて。

ところ変わって、今度はガッツリ森のなかの焚き火動画。川のせせらぎや虫の声が楽しめるのも、このロケーションならでは。緑のなかで燃え上がる赤い炎もキレイだ……。

05.
「夏感」強し。

川との距離も、虫との距離も、グッと近くなったこちら。夏のキャンプ感がムンムン漂います。最初のほうで紹介した、海辺のしっとり系もいいけど、キンキンに冷えたビールが飲みたくなるこんな焚き火動画もいい。

06.
とにかく崩れ方が気持ちいい。

焚き火台の上に組まれた、美しい三角形。あえてどセンターに置かれた構図も新鮮です。とくにこの焚き火動画で注目してほしいのは、燃えて燃えて、徐々に崩れていくサマ。ゆらぐ火の様子をボーッと見つめたいときにぜひ。

07.
川の音、激しめです。

数日前に強めの雨が降ったのでしょうか。荒々しい川の流れと焚き火がコラボした、なかなかマニアックな動画。これはこれでいい。

08.
この焚き火は大画面に映したい!

夕暮れと、赤い炎のコントラストが抜群にキレイな焚き火動画。1日の疲れを癒したいとき、お酒でも飲みながら想いを馳せるも良し。プロジェクターを使って大画面でも楽しめそう!

09.
まるでテントから見てる気分。

背景に見えていた川の流れが、徐々に暗くなって見えなくなる感じ……めっちゃリアル!(リアルだけど)。まさにテントの横に座って焚き火を眺めているような気分にさせてくれる、そんな極上の30分動画です。

10.
紅葉!

秋の山は、陽が落ちるとグッと肌寒くなる——(上着持ってきたっけ?)そんな気分にさせてくれる焚き火動画。終わりそうで終わらない、アウトロの物悲しさが「これこそ焚き火」って感じ。

11.
紅葉 Part2!

なんとなく、一番おいしくお酒が飲めそうな焚き火動画。どこからともなく田口トモロヲのナレーションが聞こえてきたとしても不思議ではありません。とても静かで味わい深く、オンライン飲み会などのBGMに使うのもあり。

12.
雪のなかの焚き火も……最高。

残雪広がる森のなかで燃える焚き火は、ただただキレイです。色のコントラストはもちろん、虫や鳥の声が少ない冬だからこそ、いつも以上に火の燃える音や、パチパチ鳴る破裂音が耳に残ります。

13.
部屋の電気を消して見よう、冬。

こちらも、雪が残る森のなかで撮影された焚き火動画。周囲が暗くなっていくタイミングと、火が徐々に落ち着いてくるタイミングがちょうどいい具合。これを見るときは自分の部屋もしっかり暗くするのがお作法。

14.
やっぱり波の音が好き!

さてまた砂浜へと戻ってきました。風、波、ともに強く、勢いのある焚き火が楽しめます。夕暮れから陽が落ちていくまでのグラデーションをじっくりお楽しみください。

15.
夜だけじゃないんです。

このシリーズでは珍しい「昼の焚き火」です。夜の映像ほど火は目立ちませんが、すぐ横の川のせせらぎや、耳触りのいい虫の鳴き声が生々しく、これでもかとキャンプ欲をそそりますよ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
8月7日、Appleが「Apple ASMR」というシリーズで4本の動画を公開した。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
8月17日、「BMW」がSUVモデル「Xシリーズ」の最上級モデル「X7」を使用した独自のASMR動画を公開した。「Calm Wash(心地よい洗車)」とい...
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第1回TOKYO MX1 20:00-20:302017年11月1日 放送出演者:小橋賢...
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
あなたのワクワクを刺激する新時代のドリンクをピックアップ。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
「終り火」とは、あと数日で秋が終わり、雪の気配がすぐそこに感じられるころに、アウドアシーズン最後の日として集まる会。北海道北部の秘境・美深町仁宇布を舞台に...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。ホットヨガスタジオLAVA、B-life、Wellness To Go by ArisaのYo...
オンライン飲み会を主催したい人たちと参加したい人たちをマッチングする宅飲み仲間募集サービス「だべろー」がローンチ。
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!