「欲張り」すぎる焚き火台

この欲張りな焚き火台「BonHax」、昨今はやりの折りたたみ式でもないのに、その注目度は激高。応援購入サービス「Makuake」では、すでに目標額を200%近く上回る支援が集まる人気ぶりだ。

いったい、どこが欲張りなのか?ポイントを挙げてみた。

・火のおこしやすさ
・炎の美しさ
・多彩な調理方法
・最適な素材と匠の技を用いた製法

機能とデザイン、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した製品だという。

©Makuake
©Makuake

まずは、火のおこしやすさ

火の流れは下から上へと向かうもの。そこで灰の受け皿を取り外し式にして、空気を取り入れる穴(エアインテークホール)からバーナーで直接点火できる仕組みに。下から火を着けるというのが斬新。

さらに、美しい炎を生み出すポイントは、本体を空気の流れを考慮した円形形状にし、ティピー型(円錐)に薪を組みやすくしたフレーム構造にあり。空気への接触を広く大きくとるとこで炎が上がりやすい工夫。ちなみに材質はステンレス鋼。熱に強く錆びにくいのが特徴だ。

©Makuake
©Makuake

調理方法は、どんな調理道具も使用できる「吊せる2脚フレーム」が担保する。フライパンはもちろん、網に串など幅広い調理が可能。ロティサリーチキンのような吊るし系料理もお手の物。ちなみに、専用鉄フライパンと網がセットに。

と、これだけでも十分に“欲張り”なわけだけど、製造は世界有数の金属製品の産地、新潟県燕市の職人による手づくりときた。

若干付属パーツが多いけれど、それもこれも欲張りなればこそ。ぎりぎり早期割引が効くいまなら、2万6000円代から入手が可能。ソロキャン用、ファミキャン用のサイズ展開。詳しくは以下サイトよりチェックを!

BonHax

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/bonhax/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
5パターンに変化する焚き火台「トランスフォーム焚火台」
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
「HELLY HANSEN」がアウトドアシーンでの“キャンプ”や“焚き火”などの活動を想定したウェアを今月中旬発売。
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第1回TOKYO MX1 20:00-20:302017年11月1日 放送出演者:小橋賢...
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。

おすすめ記事

「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。