ギミックを前提にしたデザインが魅力「EMERSONのナイフ」。

アウトドアでの撮影時にはナイフを持っていきます。料理用とかではなく、薪に使う小枝やロープを切ったりすることがあるんですね。

ただし、そこはミリタリーファン。アウトドア用ではなく、見ての通りタクティカルナイフ(軍用、警察用のナイフ)で代用しています。

これは〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのもの。その最大の特徴として「wave feature」という開刃方式が採用されていて、ポケットから取り出す際に、突起部分がパンツに引っ掛かり、スムーズにブレードが展開されロックするという仕組みになっています。

実際、アウトドアでは不要な機能なんですが、こういったギミックを前提にした形状が好きなポイントですね。ただごちゃごちゃしているだけじゃないぞ、と。

ところで、ナイフ自体は〈EMERSON〉なんですが、ブレード部分は〈Kershaw(カーショウ)〉というメーカー名が刻印されています。これは日本でも有名な某ブランドのアメリカでの展開名です。

E9e290325b52901f59d633d1337b1bf52c1eaff8Aed219a2c61b8597fdfc88181ed595f4b33b106753cf5d6de16617a1748af3531c6005e1232835d6E34dc77c83af83445f03f202e36ac06023b77825

中澤範龍/「Khaki」プロジェクト・リーダー
アウトドア専門誌などで活躍中。ミリタリーにまつわるアレコレを紹介するwebマガジン「Khaki」は、近日OPEN予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
〈Vixen(ビクセン)〉と〈Coleman(コールマン)〉のコラボモデルである「コールマンH10×25」は、倍率10倍でレンズは反射防止、ボディは頑丈な...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
「Ga-Mant(ガーマント)」は、透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材に加え、ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッチリ。ファッションとしての...
〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」は、上品なストライプ柄。見た目とは裏腹にガシガシ使えます。
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...