時代に流されない「Made in Slovakia」のスニーカー

「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」

あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。

いずれも、東欧はスロバキア発なんです。

ここ数年、同国には一部のスニーカーファンが熱視線を注いでいます。

というのも、第二次世界大戦の頃から国内にある数々の工場が、各国軍隊で使用されるトレーニングシューズの製造を請け負っていたという歴史があるから。丁寧な手作業で生み出される一足は、クラフトマンシップを感じさせるだけでなく、「軽さ」「丈夫さ」がお墨付きというわけ。

前述した3つのブランドは、その代表格と言っていいでしょう。

そんな「Made in Slovakia」を大切にするブランドが、ここ日本にも。

「REPRODUCTION OF FOUND」は、欧米諸国の軍用トレーニングシューズを現代風にアレンジし、デイリーユースの一足へと昇華させたドメスティックブランド。ミリタリースニーカーの王道・ジャーマントレーナー(ドイツ軍)はもちろん、アメリカ海軍やカナダ軍、イタリア軍、スウェーデン軍などで使用されていたものがモデルとなっています。

たった一足のスニーカーを通して、現代の日本とかつての列強が交差する、とは言い過ぎでしょうか。チープな表現かもしれませんが、ロマンを感じます。

ラインナップのなかでも、個人的には「1300FS」というフランス軍モデルが、出色の完成度かと。

アッパーはスエードとメッシュ、ナイロンが組み合わされています。これだけ異素材のコンビネーション、かつ、多彩なカラーリングを施しながらデザインとして成立しているケースは希。ヒールのトリコロールもニクいですし、サイドにありがちなブランドロゴを排除することで、商業的に無臭なのも好感が持てます。

ただし、もっとも気に入ったのは、とんでもなく固いソール。これはもう実際に触ってもらわないと伝わりませんが、スニーカー自体の反りが極限まで抑えられており、いい意味で超ローテクです。はじめは履き心地に違和感を覚えてしまうほど。

僕は、それこそが真骨頂だと思うのです。デザインはモダンながら、つくり自体は圧倒的にクラシック。そのバランスが絶妙だと。

たしかに同ブランドのスニーカーが盛り上がりを見せたのは、2016年ごろのこと。でも、著名アーティストやストリートブランドとコラボしたハイテクスニーカーが活況な今だからこそ、そのローテクさが一層魅力的に映ります。

かなり今の気分です。

他の記事を見る
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
装飾的な文字がプリントされたモノって、インダストリアルな雰囲気やミリタリーの気分がプラスされるので大好物です。このスニーカーもそう。
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...