時代に流されない「Made in Slovakia」のスニーカー

<SPALWART> <NOVESTA> <ZDA>

あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。

いずれも、東欧はスロバキア発なんです。

ここ数年、同国には一部のスニーカーファンが熱視線を注いでいます。

というのも、第二次世界大戦の頃から国内にある数々の工場が、各国軍隊で使用されるトレーニングシューズの製造を請け負っていたという歴史があるから。丁寧な手作業で生み出される一足は、クラフトマンシップを感じさせるだけでなく、「軽さ」「丈夫さ」がお墨付きというわけ。

前述した3つのブランドは、その代表格と言っていいでしょう。

583456227799859265544806696222725315878136578048

そんな「Made in Slovakia」を大切にするブランドが、ここ日本にも。

<REPRODUCTION OF FOUND>は、欧米諸国の軍用トレーニングシューズを現代風にアレンジし、デイリーユースの一足へと昇華させたドメスティックブランド。ミリタリースニーカーの王道・ジャーマントレーナー(ドイツ軍)はもちろん、アメリカ海軍やカナダ軍、イタリア軍、スウェーデン軍などで使用されていたものがモデルとなっています。

たった一足のスニーカーを通して、現代の日本とかつての列強が交差する、とは言い過ぎでしょうか。チープな表現かもしれませんが、ロマンを感じます。

ラインナップのなかでも、個人的には「1300FS」というフランス軍モデルが、出色の完成度かと。

アッパーはスエードとメッシュ、ナイロンが組み合わされています。これだけ異素材のコンビネーション、かつ、多彩なカラーリングを施しながらデザインとして成立しているケースは希。ヒールのトリコロールもニクいですし、サイドにありがちなブランドロゴを排除することで、商業的に無臭なのも好感が持てます。

ただし、もっとも気に入ったのは、とんでもなく(!)固いソール。これはもう実際に触ってもらわないと伝わりませんが、スニーカー自体の反りが極限まで抑えられており、いい意味で超ローテクです。はじめは履き心地に違和感を覚えてしまうほど。

僕は、それこそが真骨頂だと思うのです。デザインはモダンながら、つくり自体は圧倒的にクラシック。そのバランスが絶妙だと。

たしかに同ブランドのスニーカーが盛り上がりを見せたのは、2016年ごろのこと。でも、著名アーティストやストリートブランドとコラボしたハイテクスニーカーが活況な今だからこそ、そのローテクさが一層魅力的に映ります。

かなり今の気分です。

5939784950218752
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
独断と偏見でピックアップしました。
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...