バクテリアで作る、人にも環境にも優しい「マスク」

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、DIYのフェイスシールドやマスクなど、これまでさまざまなアイデアが生まれてきた。

ただ、そのアイデアたちに対して、デザイン会社「Sum Studio」のElizabethとGarrettにはひとつの懸念点が。

それは、その多くがプラスチックを使っているということ。

「今回の事態が大変なことであるのはもちろんだが、我々には長期的に立ち向かうべき“環境問題”“持続可能な開発”などの課題があるのを忘れてはいけない」──。

そこで2人は、感染拡大防止と持続可能性のどちらもクリアするアイテムが作れないか、自粛期間中に自宅で実験。そして生まれたのが、この「Xylinum Mask」だ!

「Xylinum Mask」の生地は植物繊維であるセルロース。作るのに必要なのは、紅茶砂糖バクテリアのサンプルを少々。バクテリアが増殖すると、繊維が絡み合い一枚の紙のようになるのだとか。

それを乾かせば、セルロースシートの完成!あとはマスクの形にカットするだけで、あっという間に人にも環境にも優しいマスクができるという。

しかも、驚くなかれ、セルロースのフィルター効果の高さは、アメリカで医療用として認められているN95マスクと同等なのだとか!

この技術があれば、病院や自宅でマスクを自給自足する日が来るのかも……?

Top image: © 2020 Sum Studio
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
木から生まれた地球に優しい「SANLAI 立体型マスク」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。森林活用の適切なサイクルを生み、最後はまた地球に還...
世界水準の安全証明繊維、和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。繰り返し使え、最後は土に還すこと...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。