「和紙素材」のマスク。最後は土に還る

いまやマスクは完全にファッションの一部。機能性とともにカラー、デザインにも注目がいく。そして、見落としてはいけないのが「素材」だ。

「paper」は、世界水準の安全証明繊維である和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。もちろん洗えて、繰り返し使うことができる。

©Makuake

写真より実物は生成り色だという。これは和紙本来の色によるもの。化学染色漂白剤を使わない徹底ぶりも、肌と環境に“ローインパクト”であることを最善とするブランドのアイデンティティだ。

さらに、paper最大の特徴がこれ。
「最後は、土に還る」

いくら布マスクといえど、繰り返し使えばいつかはゴミとなる。が、このマスクは土に埋めると高い生分解性により、およそ3ヵ月で土に還すことができるというから驚きだ。

目先の未知なるウイルス予防に各メーカーがフル稼働で生産するマスク。「paper」は、そのもう一歩先の未来までを見据えている。ゆえに化学繊維を使わず、染色もせず、漂白もせず。もちろん、鼻ワイヤーやプラスチックも使わない。代用するのは和紙ツイル素材にミツロウを染み込ませた、形状記憶パーツだ。

それから、こんなところも嬉しいじゃないか。

マスクには植物の種がセットで付くのだそう。使い終わったマスクとともに土に埋めて植物を育ててみてはいかがだろう?

一点だけご注意を。

「paper」は応援購入サービス「Makuake」を通じて5月29日までの購入受付。気になる人は今すぐに!

©Makuake

表面の編み素材。さらっとした肌触りで清涼感があり、高い調湿性能を発揮する。

©Makuake

男性用/女性用/子供用と3サイズ展開。それぞれでパターンも変えている。 

『和紙素材マスク paper』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/washimask/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
4月上旬に発売される「メイドインジャパンの和紙マスク」は、驚くべき使い勝手の良さと性能を秘めたハイスペックなマスクだった……
「KEEN」から持続可能な素材を使用したマスク「KEEEN TOGETHER MASK」が登場。6月29日(月)より取り扱い店舗、公式オンラインショップに...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
木から生まれた地球に優しい「SANLAI 立体型マスク」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。森林活用の適切なサイクルを生み、最後はまた地球に還...
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
「Guardian G-Volt」という超高性能マスクが予約受付中。天然の抗菌作用を持つ「グラフェンフィルター」を採用し、外部から電荷を加えることでフィル...
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
「UNDER ARMOUR」からアスリート向けのマスクが発売。開発チームが驚異的な速さで設計したという「UA SPORTSMASK」は、高い通気性を実現し...
独自開発の素材「WASHIFABRIC」を使用した「オリジナル和紙マスク」が、今月16日(木)、店頭発売及び公式オンラインストアと「USAGI ONLIN...
デザイン会社「Sum Studio」のElizabethとGarrettが開発した、植物繊維のセルロースでできたマスク。作るのに必要なのは水、紅茶、砂糖と...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
米国ブルックリンを拠点にするスニーカーメーカー「Atoms」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗うことで繰り返し使えるマスクの予約を受付中。残念な...
カリフォルニアを拠点に、革新的なキッチンツールなどを開発、販売するブランド「GIR」より、繰り返し使えるシリコーンマスク「Reusable Face Ma...
仏ファッションブランド「ディオール」がマスクの生産をスタートした。一時閉鎖中のアトリエで作られるマスクは、すべて職人による手縫い。
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
日本を代表するウレタンメーカー「イノアックコーポレーション」が、国内工場で丁寧に生産する、繰り返し水洗いOKのポリウレタン製マスク「ポリマーボディーの洗え...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。