「和紙素材」のマスク。最後は土に還る

いまやマスクは完全にファッションの一部。機能性とともにカラー、デザインにも注目がいく。そして、見落としてはいけないのが「素材」だ。

「paper」は、世界水準の安全証明繊維である和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。もちろん洗えて、繰り返し使うことができる。

©Makuake

写真より実物は生成り色だという。これは和紙本来の色によるもの。化学染色漂白剤を使わない徹底ぶりも、肌と環境に“ローインパクト”であることを最善とするブランドのアイデンティティだ。

さらに、paper最大の特徴がこれ。
「最後は、土に還る」

いくら布マスクといえど、繰り返し使えばいつかはゴミとなる。が、このマスクは土に埋めると高い生分解性により、およそ3ヵ月で土に還すことができるというから驚きだ。

目先の未知なるウイルス予防に各メーカーがフル稼働で生産するマスク。「paper」は、そのもう一歩先の未来までを見据えている。ゆえに化学繊維を使わず、染色もせず、漂白もせず。もちろん、鼻ワイヤーやプラスチックも使わない。代用するのは和紙ツイル素材にミツロウを染み込ませた、形状記憶パーツだ。

それから、こんなところも嬉しいじゃないか。

マスクには植物の種がセットで付くのだそう。使い終わったマスクとともに土に埋めて植物を育ててみてはいかがだろう?

一点だけご注意を。

「paper」は応援購入サービス「Makuake」を通じて5月29日までの購入受付。気になる人は今すぐに!

©Makuake

表面の編み素材。さらっとした肌触りで清涼感があり、高い調湿性能を発揮する。

©Makuake

男性用/女性用/子供用と3サイズ展開。それぞれでパターンも変えている。 

『和紙素材マスク paper』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/washimask/

Top image: © Makuake
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
4月上旬に発売される「メイドインジャパンの和紙マスク」は、驚くべき使い勝手の良さと性能を秘めたハイスペックなマスクだった……
木から生まれた地球に優しい「SANLAI 立体型マスク」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。森林活用の適切なサイクルを生み、最後はまた地球に還...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
「KEEN」から持続可能な素材を使用したマスク「KEEEN TOGETHER MASK」が登場。6月29日(月)より取り扱い店舗、公式オンラインショップに...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。