「Sneaker LAB」のバクテリアを利用したシューケア用品

スニーカー好きにとって、絶対にこだわりたいシューケア。長く履き続けられるという利点だけでなく、手間をかけるとより一層愛着が増すし、なによりもキレイにしておくだけで履いたときの気分がグンと上がります。

そこで、おさらいの意味も込めて紹介したいのが「Sneaker LAB」のシューケア用品。

なにがスゴいって、環境への配慮がしっかりとされているところ。バイオテクノロジーの技術を生かして、バクテリアなどをうまく使い、汚れを落としたり臭いを取り除けたりするんです。地球に優しいエコ商品としても認められています(GreenTagより認証済み)。

「Sneaker LAB」は2012年に創設されたんですが、プラごみなどあらためて世界規模で環境ケアに注目が集まる今、彼らのプロダクトの先取り感はそこから7年経っても薄れることがありません。

Top image: © 2019 Sneaker LAB
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
クラウドファンディングのMakuakeで支援募集中の「シュードライヤー」を紹介します。プロジェクト開始一週間で500%を超える達成率で話題です。
世の中に存在するシューホーンの中でも、間違いなく最高ランク。英国王室御用達を掲げる老舗「ETTINGER(エッティンガー)」のものです。
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉から発売されている「ペーパークリーナー」。袋分けされているので出先でもスニー...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
コードバンで作られる革靴で、世の男性を虜にしているアメリカのシューズブランド「ALDEN(オールデン)」のシューホーンです。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...