スニーカーソールの黒ずみには、コレ!

むか〜し、就活生に取材をした際、ある学生が“面接前に汗拭きシートで革靴をサッと拭いてピカピカにしています”と小技を紹介してくれました。

革が傷んでしまうのでは……と心配する一方、手持ちのアイテムを使い、最小限の労力で清潔感を演出するというアイデアは悪くないな〜と。

さて、イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉から発売されている「ペーパークリーナー」は、いつかの大学生のアイデアを具現化したようなアイテムです。

缶ペンケースのようなパッケージには、外出時にシューズの汚れを拭き取るためのペーパーが12枚。携帯しやすいように、1枚ずつ袋分けされているのがうれしいですね。実勢価格で1,800円ぐらいです。

とくにオススメは、スニーカーソールの汚れ。どんなに丁寧に履いていても、いつの間にか黒ずんでしまうホワイトのゴムソール。そんな時には、この「ペーパークリーナー」です。

強い汚れを落とすテクスチャードサイド(つぶつぶが付いた面)でゴシゴシこすれば、たいていの黒ずみは落とせます。

正直、サッと拭き取るって感じではないのですが、それでも手軽にスニーカーの手入れをできるのは便利です。

弱酸性でスウェード、ヌバック、キャンパス以外は素材を問わないので、写真のように革靴にも使えますよ!

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
イギリスの紳士靴メーカー〈GRENSON(グレンソン)〉のノヴェルティ。トラベルティナルな水牛の角で作られたシューホーンです。有機的な色彩やレザーコードが...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
コードバンで作られる革靴で、世の男性を虜にしているアメリカのシューズブランド「ALDEN(オールデン)」のシューホーンです。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
世の中に存在するシューホーンの中でも、間違いなく最高ランク。英国王室御用達を掲げる老舗「ETTINGER(エッティンガー)」のものです。
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉のシューホーンです。本体は折りたたみ式になっていて、専用のケース付き。
今見てもこのボテッとしたフォルム、カッコイイ。当時を知っている自分からしても新鮮だ。
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...