こんな華やかなハンカチ、男性が持ってもいいじゃない。

お気に入りのハンカチです。

水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど、これは男性が描いたものなんですよ。

この絵は、イラストレーターの黒木仁史さんの作品です。

黒木さんの作品は『commons&sense man』という雑誌で初めて見かけてからファンになり、度々展覧会へ足を運んだりと、ずっと応援しているんです。写実的で、すごく格好いいなあと。

高い金額を払ってアートを手にすることは、僕にはまだ早いと思っていたので、こんなふうに気軽に作品を持ち歩けることが嬉しいんです。

ただ、自分だけの特注品というものに憧れがあったので、アーティスト作品なのに名前を刺繍してもらうという、ちょっと間違ったことをしちゃったんですけどね(笑)。

もともとハンカチは、実用的なものとして無地やストライプなど、シンプルなデザインを使っていたのですが、たまには、こういった華やかなデザインも素敵ですよね。

思い入れもある特別な絵柄なので、これからもハレの日専用として使っていきたいです。

真子拓也/「gallery AELU」店主
1980年、長崎県出身。食やアート、デザイン好きが高じ、レストランやカフェでの勤務後、建築事務所を経て、南青山のインテリアショップCIBONEのアート、カルチャー部門に従事。現在は器のギャラリー兼ショップ「gallery AELU」に勤務。http://www.aelu.jp/

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

遠目に見ると、海外企業のロゴがプリントされているように見えるハンカチ。でも、近くでみると、鯉のぼり。しかも時々金太郎が上に乗ってます。この錯覚を起こす柄が...
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
〈NATIVE UNION〉のLightningケーブルは、断線しにくいのが魅力。ケーブル自体に質感があって、スタイリッシュな仕上がりになっています。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
「歩くための機能服」をコンセプトに掲げる〈alk phenix(アルクフェニックス)〉。「zak shorts/ karu stretch DG」はタブレ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。