手持ちのハンカチも使える、クシャクシャにならない「ポリエチレン製マスク」

東京の下町・墨田のプラスチック加工工場「吾嬬製作所」が、ポケットやバッグにしまってもクシャクシャにならない「ポリエチレン樹脂製のマスク」を開発した。

もともとは感染リスクの高い場所で働く人たちに優先してマスクや防護服などが供給されるよう、「自分たちのマスクは自分たちで作る」という想いから制作されたもので、今回、多くの反響と要望を受けて一般向けに販売を開始したのだという。

カバーの素材であるポリエチレン樹脂は、飛沫(水分)を通さず、肌にもフィットしやすい柔らかさ。布製と違って、水分をよく切るか拭き取ればすぐに使うことができる。

内側のフィルターには「小松マテーレ株式会社」の制菌加工素材「バイオガード」製フィルターを使用。こちらも洗って繰り返し使うことができ、その効果は継続する。ちなみに、フィルターの代わりに手持ちのハンカチやガーゼなどを使うことも可能だ。

これまで一般的ではなかった樹脂製のマスクは、馴染みのある不織布マスクや布マスクと使い勝手は異なるが、新しい素材だからこそ今までのマスクにはない優れた点があるはず。

一日も早い事態の収束を願い、売上の一部は「国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)」に寄付するという。

プラスティック真空成形工場ならではの、職人の技術と素材の特性を活かしたマスクは、現在、Makuakeにて応援購入を受付中。

©2020 株式会社吾嬬製作所
©2020 株式会社吾嬬製作所
Top image: © 2020 株式会社吾嬬製作所
ほかのマスクもチェック!
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
デザイナーEvgeny Maslovさんが生み出した「BUMASK」は、ダンボールでできたマスクだ。実際に着用する際には口元にハンカチなどを入れればOK。...
米国ブルックリンを拠点にするスニーカーメーカー「Atoms」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗うことで繰り返し使えるマスクの予約を受付中。残念な...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
日本を代表するウレタンメーカー「イノアックコーポレーション」が、国内工場で丁寧に生産する、繰り返し水洗いOKのポリウレタン製マスク「ポリマーボディーの洗え...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
「KEEN」から持続可能な素材を使用したマスク「KEEEN TOGETHER MASK」が登場。6月29日(月)より取り扱い店舗、公式オンラインショップに...
仏ファッションブランド「ディオール」がマスクの生産をスタートした。一時閉鎖中のアトリエで作られるマスクは、すべて職人による手縫い。
「UNDER ARMOUR」からアスリート向けのマスクが発売。開発チームが驚異的な速さで設計したという「UA SPORTSMASK」は、高い通気性を実現し...
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
「Glask」と呼ばれるこのマスク。新型コロナウイルスの流行以降、じつに多様な進化を遂げてきたマスクの最終形態ともいえるようなものに仕上がっている!
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
「ふるさと納税ガイド」がまとめた「ふるさと納税でもらえるマスク・消毒剤の返礼品」。新型コロナウィルス発生やインフルエンザ流行の影響を受け、コンビニやスーパ...
熱中症予防のために開発された「穴空きマスク」なら、マスクをしたままストローを使って水分補給が可能に。
カリフォルニアを拠点に、革新的なキッチンツールなどを開発、販売するブランド「GIR」より、繰り返し使えるシリコーンマスク「Reusable Face Ma...