今年も一年ありがとうございます。手ぬぐいを使った、すてきな贈りもの。

今年も一年ありがとうございます。毎年、寒さが増してくると、大切な人に感謝の気持ちをお伝えしたくなります。いつもお世話になっている方や、なかなか会えなくても、遠いところで見守ってくださるあの方へ。好みの手ぬぐいを用意して、贈り物を包んでみてください。大切なのは、心をこめることです。およばれが増える時期でもあります。受け取った方が、思わずにっこり微笑んでしまう、冬の贈りものはいかがでしょうか。

今すぐ使ってみたい!
こんなに便利な手ぬぐい。

手ぬぐいには、たくさんのすてきな絵柄が揃っています。もともと反物(たんもの)を切って作られているので、端は切りっぱなしになっています。縫い目のない生地は、洗っても乾きが早く、ホコリがたまらないので、とても衛生的です。ほつれるのが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハサミで糸を切るのは、使いはじめのうち。端から約3〜5ミリのところで自然にほつれなくなります。

はじめのうちはハンカチやタオルのように使っていくとよいでしょう。切れ端がくたびれてきたり、少し破れてきたら、使いやすい大きさに切ってフキンとして使うと便利です。力仕事をするときに首に巻いておけば汗を吸収してくれますし、寒い時には、防寒具にもなります。眠る前に乾燥が気になったら、濡らして、ハンガーにかけて、ベッドサイドに吊るしておけば、喉がしっとりします。使い込むうちに、しなやかになって、より使い心地がよくなります。まずは、お近くの雑貨屋さんなどで、一枚、好みのものを手に入れて使ってみましょう。

お世話になっているあの方へ。
こんな気の利いた贈り物はいかが?

日本には、古くから「包む」という文化があります。現在も、何かを差し上げる場面では、むき出しではなく、布や紙に包んでからという習わしが深く根づいています。たとえば、美味しい日本酒やワインなどを差し上げるとき。手ぬぐいの柄を生かして包めば、目にも楽しく、ほどいたあとも、日常で使える、すてきな贈り物になります。差し上げる相手を思いながら、ひと手間かけて包みましょう。

手ぬぐいの上にビンを寝かせ、ビンの底が、しっかり包める位置に置きます。端を折って、底を覆い、そのままビンを転がすようにして、手ぬぐいを巻きつけていきます。机の上で行うとやりやすいです。

ビンの胴部分をしっかり押さえながら立てて、残りの部分をしっかりねじっていきます。ねじったまま、ビンの首に巻きつけ、巻いた布の下から端を通して、キュッと閉めたら出来上がりです。はじめのうちは、手の動かし方が慣れないかもしれませんが、繰り返すうちに美しく仕上がるようになります。

心あたたまる、たいせつな一冊を。
畳むだけで出来上がるブックカバー。

お気に入りの1冊を、あの方にも贈りたい。紙のカバーでなく、お気に入りの手ぬぐいで包めば、その本の内容と一緒に、あたたかい心づかいも贈れる気がします。まず、手ぬぐいを三つ折りにして、上下を、文庫本と同じ幅に折り畳むことから始めます。

文庫の背が、折りたたんだ手ぬぐいの真ん中にあたるように、位置を確認します。片側のそでの部分に折り目をつけまたら、文庫のカバーを差し込みます。

同様に、もう片方のそでを折り、文庫のカバーを差し込みます。さいご、手でしっかりならして出来上がりです。

いつもの食卓を少しだけ華やかに。
おもてなしのテーブルコーディネイト。

こんなにかんたんなの?と驚かれるかもしれませんが、たとえば、手ぬぐいをふたつに折りたたむだけで、立派なテーブルマットが出来上がります。お客さまをおもてなしする日は、普段なかなか手に取らない絵柄を選んでみるのがおすすめです。あっという間に食卓が鮮やかになります。

たとえば、箸置きの代わりに、縁起の良いモチーフが描かれた手塩皿にお箸をのせると、手ぬぐいと皿の絵柄が重なり、楽しいストーリーとなって浮かび上がります。美味しい料理が運ばれてくるのを、わくわくしながら待つゲストの気持ちになって、組み合わせを楽しんでみましょう。

Licensed material used with permission by 株式会社かまわぬ
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「デザインマスク」を専門に扱うECプラットフォーム「MASK WEAR TOKYO」が登場。マスクの着用が日常になりつつある今、ファッションとしてマスクを...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
白地に赤いレトロな字体がポップ。110年を超える歴史を持つサクマ式ドロップスのなかでも、疲労回復に必要だと言われている、糖分、クエン酸、ビタミンCの3つの...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。