今年も一年ありがとうございます。手ぬぐいを使った、すてきな贈りもの。

今年も一年ありがとうございます。毎年、寒さが増してくると、大切な人に感謝の気持ちをお伝えしたくなります。いつもお世話になっている方や、なかなか会えなくても、遠いところで見守ってくださるあの方へ。好みの手ぬぐいを用意して、贈り物を包んでみてください。大切なのは、心をこめることです。およばれが増える時期でもあります。受け取った方が、思わずにっこり微笑んでしまう、冬の贈りものはいかがでしょうか。

今すぐ使ってみたい!
こんなに便利な手ぬぐい。

46679511bdef498408fee257565afd5f078feb45

手ぬぐいには、たくさんのすてきな絵柄が揃っています。もともと反物(たんもの)を切って作られているので、端は切りっぱなしになっています。縫い目のない生地は、洗っても乾きが早く、ホコリがたまらないので、とても衛生的です。ほつれるのが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハサミで糸を切るのは、使いはじめのうち。端から約3〜5ミリのところで自然にほつれなくなります。

F88d968609f411b2a86f9a103cfd835ed7037f4f

はじめのうちはハンカチやタオルのように使っていくとよいでしょう。切れ端がくたびれてきたり、少し破れてきたら、使いやすい大きさに切ってフキンとして使うと便利です。力仕事をするときに首に巻いておけば汗を吸収してくれますし、寒い時には、防寒具にもなります。眠る前に乾燥が気になったら、濡らして、ハンガーにかけて、ベッドサイドに吊るしておけば、喉がしっとりします。使い込むうちに、しなやかになって、より使い心地がよくなります。まずは、お近くの雑貨屋さんなどで、一枚、好みのものを手に入れて使ってみましょう。

お世話になっているあの方へ。
こんな気の利いた贈り物はいかが?

0c1dcb511fcc1e418ffc334a05b51644feef72af

日本には、古くから「包む」という文化があります。現在も、何かを差し上げる場面では、むき出しではなく、布や紙に包んでからという習わしが深く根づいています。たとえば、美味しい日本酒やワインなどを差し上げるとき。手ぬぐいの柄を生かして包めば、目にも楽しく、ほどいたあとも、日常で使える、すてきな贈り物になります。差し上げる相手を思いながら、ひと手間かけて包みましょう。

780b63fb4f48a92944fd97894b78fc358eafa720D86a96aee823fcc648545689e03a481cd45a1abfC0e107f51fceedad7d353d005dc545ad7171ccd4

手ぬぐいの上にビンを寝かせ、ビンの底が、しっかり包める位置に置きます。端を折って、底を覆い、そのままビンを転がすようにして、手ぬぐいを巻きつけていきます。机の上で行うとやりやすいです。

44ea0b13f78678bf49da9596e9cf4d0215fa727729a3d8b9bdb3004c523f8bce2460c0ad52caa18a971e24b64e266ca6a2d7e5fea3b6fa4e5c55dff6Af8f7036cc6f79fd5942bfda932b0698d81c920e

ビンの胴部分をしっかり押さえながら立てて、残りの部分をしっかりねじっていきます。ねじったまま、ビンの首に巻きつけ、巻いた布の下から端を通して、キュッと閉めたら出来上がりです。はじめのうちは、手の動かし方が慣れないかもしれませんが、繰り返すうちに美しく仕上がるようになります。

心あたたまる、たいせつな一冊を。
畳むだけで出来上がるブックカバー。

E003ba603e1a6f52606d79e8f6638490ecbed6b3

お気に入りの1冊を、あの方にも贈りたい。紙のカバーでなく、お気に入りの手ぬぐいで包めば、その本の内容と一緒に、あたたかい心づかいも贈れる気がします。まず、手ぬぐいを三つ折りにして、上下を、文庫本と同じ幅に折り畳むことから始めます。

Af19a55f35ec146ce86e857bb5b91db13b8d0b3fEfc200a49cb0051f192a768368ad8f389a177c8b9a6f38602b709790a91945c89b50c8e459bc682e

文庫の背が、折りたたんだ手ぬぐいの真ん中にあたるように、位置を確認します。片側のそでの部分に折り目をつけまたら、文庫のカバーを差し込みます。

E4fb9937b217db0e7b60b4eac22beec6ec9719e6Fad0217c8be6239cd77f6983a34a8394a394f2057e693d742f5f7cb830019a19ef7df44ce826e80f

同様に、もう片方のそでを折り、文庫のカバーを差し込みます。さいご、手でしっかりならして出来上がりです。

いつもの食卓を少しだけ華やかに。
おもてなしのテーブルコーディネイト。

こんなにかんたんなの?と驚かれるかもしれませんが、たとえば、手ぬぐいをふたつに折りたたむだけで、立派なテーブルマットが出来上がります。お客さまをおもてなしする日は、普段なかなか手に取らない絵柄を選んでみるのがおすすめです。あっという間に食卓が鮮やかになります。

986fd42816f1aeb6478d47d5703e7bcda251766b365ef19335753a69c8d86b8766b9add4a3d656fc

たとえば、箸置きの代わりに、縁起の良いモチーフが描かれた手塩皿にお箸をのせると、手ぬぐいと皿の絵柄が重なり、楽しいストーリーとなって浮かび上がります。美味しい料理が運ばれてくるのを、わくわくしながら待つゲストの気持ちになって、組み合わせを楽しんでみましょう。

Licensed material used with permission by 株式会社かまわぬ
お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
帰省したり、久しぶりに友人と集まる年末年始は、贈りものをするのにぴったりのシーズンです。日本でつくられているものや、ちょっとした驚きのあるユニークなものな...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...