虹色の時計「The Present」が刻むのは、あなたの365日です

誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計の針や文字盤の数字によるものだったとしたら……。こんな「if」から、ものづくりがスタートしました。

ちなみにこの時計、MoMAデザインストアで販売されているもの。記事を読んで気に入ったら、自室の壁にいかがでしょう。

時間はたっぷりあるって。
季節を刻む「一年時計」が
スローダウンを教えてくれる

NYを拠点に活動するクリエイターScott Thriftさんらがデザインしたこのレインボーカラーの時計は、365日でひと回りする「一年時計」です。

たとえば上の写真、従来のアナログ時計であれば、短針と長針がぴったり重なる3時15分。でも、虹色のグラデーションで構成された「The Present」が刻む時はこう読みます。「3月21日」、つまりは春分の日あたり。この“あたり”というのが、じつはとっても大切なことだったり。

数字ではなく、
色彩で伝える季節感

この時計が教えてくれるのは、時間ではなく季節。真冬の寒く雪のイメージから、雪解け、早春から若葉萌える初夏へ。夏を過ぎ、木々が色づきそしてまた冬へ。いま、自分が一年のうちどの辺りを過ごしているのか、を漠然と知らせてくれる。その程度。

春分、夏至、秋分、冬至と季節の節目を最も色の濃い位置で表現しているだけ。あとはThe Presentを壁にかけるユーザーそれぞれの感じ方に委ねているんでしょうね。 

針が真上を刺すときは夏至(12月21日)ごろにあたることになります。そう、この時点では1月1日を迎えておらず、ちょうど1時に差し掛かったあたりが、この時計でいう新しい一年の始まりです。

あくまでも刻むのはアバウトな季節感。

「今日多くの人が時間に縛られ、時間がないと思い込んでしまっている。本当にそうでしょうか?要は、時間という概念の捉えようだと思うんです

1分、1秒が視覚化されてしまうことで、人々はより限定的にしか「今」を捉えることができず、結果として時間の浪費にばかり目がいってしまう。

「時間がない…!」その不安や焦りから解放されるには、Scottさんの言うようにもっと大きな概念で「今」を捉える必要があるのかもしれない。The Presentのコンセプトは、ここに集約されているのではないでしょうか。

それこそ時間を知るためのガジェットは、スマホでもタブレットでもPCでも、日常のあちこちにある訳で。わざわざ部屋にひとつ飾る壁掛け時計ならば、このくらいゆるくて、アバウトなものでも十分なのかもしれません。

時間よりも毎日を意識
こっちは一日時計「Today」

The Presentよりもう少し短いスパンで、一日を追う時計も登場。新たにリリースされた「Today」です。

3層に分かれたグラデーションは太陽の位置に連動するように、円の下半分は夜を、上は日中を表すこちらは日時計。「なんとなくお腹空いたな…」、Todayに目をやれば針が真上を刺している。秒針も短針も、そして数字も取っ払うことで、一日がもっと大きな概念に変わるんじゃないでしょうか?

現在は品切れのようですが、前述の通り「The Present」は、MoMAデザインストアにて31,320円(税込み)販売中。「Today」の方も、クラウドファウンディングサイトですでに目標額を達成。先行予約は88ドル(約9,500円)のものから。

Licensed material used with permission by The Present

関連する記事

「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
「EUTOUR」は、木星とその衛星からインスピレーションを得た「触る時計」。
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
約50cm〜2mまで伸びるゴムバンドになっており、自分の好きなものに巻きつけるだけでなんでも「時計」に変えることができる「Stretch Clock」。木...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
時計の文字盤に浮き出るドットが点字になっており、時刻や日付を表示する仕組みの「DotWatch(ドットウォッチ)」は、目の不自由な人でも使える画期的なスマ...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
史上初のLED式デジタルウォッチ「ハミルトン パルサー」の誕生から50周年を迎える2020年。時計史に革命を起こした伝説の時計が「ハミルトン PSR」とし...
「スウォッチ」から自然由来の素材を使った機械式時計「SISTEM51(システム51)」が販売中。
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
応援購入サービス「Makuake」にて、腰に負担の少ない立ち姿勢をサポートしてくれる「スタンディングチェア」が登場。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...