「強烈ビンタ」で起こしてくれる目覚まし時計!これは欲しい!?

朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。
スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタイプ。ちゃんと起きれるようにと、彼女はある目覚まし時計を開発しました。

「ビシバシビシバシ」
ビンタで起こす目覚まし時計

th_スクリーンショット 2015-11-14 18.37.17ゴム製の腕が取り付けられた、少し変わった目覚まし時計。これを使えば必ず目が覚めると豪語するSimoneさん。アラームがなると、 「ビシバシビシバシ」
繰り返されるビンタ。さらに、腕がグルグルと回り続けます。

th_スクリーンショット 2015-11-14 18.51.17 「ビシバシビシバシ」 アラームを止めるまで、おさまることを知らないビンタ。これなら必ず起きちゃいますね(笑)。

ただ、何回か試しているうちにアクシデントに見舞われてしまったSimoneさん。

th_スクリーンショット 2015-11-14 18.55.42 th_スクリーンショット 2015-11-14 18.56.00なんと髪の毛が機械の間に挟まってしまいました。th_スクリーンショット 2015-11-14 18.59.03機械を壊したことで、髪の毛は無事だったようですが…。まだまだ実用化には、時間がかかりそう。

動画の中では、この目覚まし時計の作り方(!)が紹介されています。リスクは承知の上で、絶対に起きたい!なんて方は、チャレンジを。

Licensed material used with permission by Simone Giertz

他の記事を見る
毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
アラームと聞いて真っ先に思い浮かぶのは目覚まし時計。でも、この「Yawnie」は、十分な睡眠時間を確保してすっきり目覚められるよう、眠りにつくタイミングを...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
無印良品の「タグツール」シリーズがおもしろい。10種のラインナップの中でオススメなのが「アラームクロック」です。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?朝7時前、とある静か...
世界中のiPhoneユーザーがいま、不安な夜を過ごしている。とは少々言い過ぎだが、うかうか寝ていられない状況に代わりはない。なぜって、最新のiOSを「夜中...