おせっかいすぎる「AI目覚まし時計」が、いちばんアナタに優しい存在。

毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れることもあれば、週末のジョギングに合わせて早起きしたのに、あいにくの雨なんてことも。

こうした日々の変化に臨機応変に対応してくれる、賢いアラームがありました。

あなたの声を認識して
さまざまなリクエストに応えてくれる

フランス生まれの「Bonjour」は、人工知能を搭載した置き時計型のデバイス。普段の目覚まし時計と同じく、ベッドサイドのテーブルなんかにおいて使うもの。

では、従来のアラーム時計とどこが違うのか。

最大の特徴は、ユーザーのルーティンを記録して朝食や着替えまで指示してくれる点。「はやく着替えなさい!」「朝ごはんいいの?」なんて、まるでお節介やきのお母さんみたい。翌日のスケジュールを伝えておけば、朝のアラームとともにフィードバックしてくれるという機能も。予定をすっぽかす心配もありませんね。

例えば、どうしても遅刻できない予定があるとき、ダイヤの乱れを予測して早めに起こしてくれたり、「明日朝晴れていたら起こして」といったオーダーにも応えてくれるみたい。音声認識技術でプライバシーも守られ、あなただけの特別な機械になるというのもポイントです。

専用のアプリと連携させるだけで睡眠状況も把握してくれます。「昨日はよく眠れなかったみたいだから、リラクゼーションプログラムを試してみますか?」こんな提案もしてくれるみたい。

リラックス効果のある音楽を流してくれたり、眠りにつきやすいよう身体を動かすアドバイスまで。

さらには、時間やスケジュールの管理だけでなく、ホームセキュリティの追加機能まで。

自分の生活に寄り添ってくれる良きルームメイト、そんな情まで抱いちゃいそう。特に初めて実家を離れる学生や新社会人にとっては、慣れない自己管理を任せられるだけでなく、一人暮らしの寂しさや不安を取り除いてくれるパートナーになるかもしれません。

遅刻癖がなおらない人、親元を離れ寂しさを感じているような人が多いのか、クラウドファンディングでじつに1400%越えの出資を得たようですよ。

Licensed material used with permission by holi
他の記事を見る
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。