「無印良品のアラームクロック」は、キーホルダー感覚が楽しい

無印良品の「タグツール」シリーズがおもしろい。

シリコーンのケースを白・黒・赤・青・黄の5色から選び、中に小型の温湿度計やLEDライト、ミラー、メジャー、歩数計などを入れてカスタマイズ。最低限、自分に必要な機能だけを手軽に持ち運べるというコンセプトは、いまの時代にも合ってます。

10種のラインナップの中でオススメなのが「アラームクロック」です。

©TABI LABO 2019

時刻は確認できる。アラーム機能だってある。

でも、腕時計の代わりでもなければスマホの代わりでもありません。

リュックやウェストポーチに差し色として、ピンバッジ感覚で付けるのはどうでしょう?コーディネートがモノトーンになりがちな人なんか、絶対似合う。キーホルダーみたいに、アクセサリー感覚で捉えたい。

デジタル数字ってところもギア感があってプラスに働きます。もちろん視認性も高いし。

©TABI LABO 2019

シリコーンケースは税込290円、アラームクロックは税込990円。価格もキーホルダーです。

ケースを他の色に買い換えるだけで、手軽に気分を変えられるのも楽しい。

購入はお近くの無印良品にて。

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
無印良品のS字フックは、アルミやステンレスなどいくつかの種類があります。そのなかで異彩を放っているのが「トラベルフック」。
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
「感じ良いくらし」をテーマに生活に密着したさまざなプロダクトを提案する「株式会社良品計画」が「コオロギせんべい」を商品化!?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。