片方ずつだから、使いやすい。無印良品の「シューズケース」。

周囲の旅好きが皆一様に「イイ!」と口を揃える、〈無印良品〉のトラベル用仕分けケースシリーズ。

使ってみるとたしかに便利です。

価格も手頃だし、SMLのサイズで使い分ければ、スーツケースの中がスッキリ。ケースを同ブランドで揃えることで統一感も出てうれしい。

なかでも注目がパラグライダークロスたためるシューズケース

トラベル用シューズケースってボックスタイプが多いと思うんですが、これはセパレートになっています。

例えば僕はジム用のトレーニングシューズを収納するのに使っているんですが、小さなデイパックのなかではボックスタイプよりセパレートタイプのほうが整理しやすいです。

バッグの中でレイアウトする際の自由度が高いんですね。

S(22〜24.5cm)、L(24.5cm〜28cm)があって、価格はどっちも税込み1,490円。コスパ抜群です。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
無印良品のS字フックは、アルミやステンレスなどいくつかの種類があります。そのなかで異彩を放っているのが「トラベルフック」。
無印良品の「タグツール」シリーズがおもしろい。10種のラインナップの中でオススメなのが「アラームクロック」です。
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...