サラリーマン必見!絶対起きれる「目覚ましベッド」でエクストリーム早起き!

毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?

スクリーンショット 2015-08-04 14.49.53

朝7時前、とある静かな住宅街の一室で、これから静寂を打ち破るような目覚めがやって来る。

スクリーンショット 2015-08-04 15.20.24

まだ、夢の中の男性にこの数秒後、恐怖の急展開が待っていようとは…。

スクリーンショット 2015-08-04 14.48.44

定刻のアラームベルと同時に、頭上からはけたたましく非常ベルが、ベッド下からはホーンの爆音が鳴り響く。さらに回転灯が爛々と目まぐるしく回り出す。

スクリーンショット 2015-08-04 14.50.02

スクリーンショット 2015-08-04 15.20.50

スクリーンショット 2015-08-04 14.50.31

この段階でベッドから起き上がることができないと、さあ大変。後は、ご覧の通り。夢の中から現実の世界へと急転直下だ。

スクリーンショット 2015-08-04 14.50.44

これなら、どんな寝坊助でも二度寝は不可能。ただし、目覚めの心地よさについては、保証できない。

さて、おバカな「高電圧排出ベッド」の製作者はイギリスでは、超有名なガレージ・インベンター(個人発明家)のColin Furze氏。彼はこのベッドの心臓部に、業務用コンプレッサー(圧縮機)を採用し、大人ひとりを軽々と放り出すパワーを搭載。
そもそも、コンプレッサーは、自動車のタイヤ交換時に車体を持ち上げるのに使用したり、大きいものだと飛行機のジェットエンジンに使用されたりもするんだそう。
この圧縮力を活かして、2本のピストンを同時に射出!これにより、勢いよくベッドを起き上がらせるという仕組みだ。

スクリーンショット 2015-08-04 14.52.17

さて、Colin氏の悪ふざけはこれだけでは終わらない。なんと彼、コンプレッサーの出力を最大レベルまで引き上げてしまった。果たして…。
この続きは、動画でお楽しみあれ!

じつはこの、Colin氏のおふざけ発想、イギリスで新発売された、従来にない苦味がウリのコーヒー「Hight Voltage」のPR企画だったというオチがつく。これまでにない強烈な苦味がウリのこのコーヒー、「どんな眠気も吹っ飛ばす」というキャッチコピーを、絶対に二度寝しないベッドになぞらえたという訳。
さすがは、世界屈指のユーモア大国イギリス。おふざけにも一切、手を抜かない姿勢は見習うべきかも。

Licensed material used with permission by Colin Furze

毎日、同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計。でも、毎日同じ朝がやってくるとは限りません。例えばこの時季なら雪、季節によっては台風で、電車のダイヤが乱れるこ...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
世界中のiPhoneユーザーがいま、不安な夜を過ごしている。とは少々言い過ぎだが、うかうか寝ていられない状況に代わりはない。なぜって、最新のiOSを「夜中...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...