早起きの苦手だった私が、2年間「朝6時」に起きて気づいたこと

「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの記事を読めば、きっと試してみたくなるはず。

以下は「元々早起きには疑問を抱いていた」と言うEghosa Aihieさんが、実際2年前から実践して気づいた、早起きのメリットをまとめたものです。

01.
「毎朝目標をチェックする
時間ができて、
パフォーマンスが向上した。」

たとえ目標があっても、日々の仕事に追われていてはそれに対する気持ちが薄れてしまいがち。となると、達成できる時は遠のくばかりです。

毎朝6時に起きることで、1日のはじめにその目標を心に刻む時間が持てます。

02.
「具体的なスケジュールが組めて
生産性が上がった。」

イギリス初の女性首相となったマーガレット・サッチャーは毎朝午前5時に起きて、1日の計画を立てていたと言われています。

生産性を上げるには、タイムマネジメントが欠かせません。毎朝6時に起きてスケジュールを確認し、優先順位をつけ、タスクごとに時間を区切る。これを続けることができれば、成果を感じることができるでしょう。

03.
「体を動かして、
脳が活性化&やる気がアップ。」

ナイキのCEOであるマーク・パーカーや、マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー。彼らをはじめ、多くの成功者は朝4時~5時に起床して、1時間ほどヨガやランニングをしているそうです。

体を動かすと神経伝達物質「βエンドルフィン」が分泌されて幸福感が満たされると言われています。時間がないことを言い訳に運動をしない人は多いですが、6時前に起きればそれが可能になります。時間は自分で作り出すものなのです。

04.
「8時に起きる人よりも
1年で600時間多く
自分の時間を確保できた。」

同じ時間に就寝した場合、朝6時に起きれば、8時に起きるライバルより1週間で14時間、1ヶ月で50時間、1年で600時間も多く活動することができます。

夜にダラダラと起きているよりも、きっとパフォーマンスが発揮できるでしょう。

ちなみに…Twitter創業者も。世界の成功者に「早起き派」は多い

Twitter創業者ジャック・ドーシーは5時半に起床、ウォルトディズニーカンパニーのCEOボブ・アイガーも4時半に起床しているのだそうです。

忙しい彼らは、早起きすることで時間を作り出し、目標を心に刻み、その実現のために戦略を立てているそうです。そして運動や瞑想、趣味の時間を持つことで、自分自身に栄養を与えているのでしょう。

たかが早起きとあなどるなかれ。習慣は人生を変えるきっかけにもなりますよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
これで朝の習慣が変わるなら…。
「I Heart Intelligence」で、ライターのChase Holik氏が、夜ふかしする人は早起きする人よりも賢いという内容の記事を書いています...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
上司、先輩、後輩、同僚、誰でもいいけれど、周囲にひとりは常に高いパフォーマンスを発揮している人がいませんか?記事内では、彼らが何を習慣にして、心がけている...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...