眠気をスカッと吹き飛ばす「11のコツ」

いよいよ本格的な冬が到来!となると、頭が痛いのはそう、「目覚め」の問題ですよね。そこで今回は「LittleThings」に掲載されている、スッキリ目覚める方法を紹介します。

ライターPhil Mutz氏の提言は、すべてのサラリーマン必見。普段やりがちな「あと1分だけ…」はご法度だったみたいですよ!

01.
アラームは毎朝
同じ時間にセット!

1-18-600x600

週末は昼頃まで寝てしまう!という人もいるかと思いますが、それは当然、月曜の朝に影響します。ある研究では、毎日同じ時刻に目覚めると、簡単にベッドから出れるようになるだけでなく、睡眠の質を改善してくれるのだとか。

また、毎日同じ時間にアラームを設定することで、体内時計がリセットされる効果もある模様。きっと、エネルギッシュな前向きな気持ちで1日を始めることができるはずです。

02.
キャンドルなどの
“いい匂い”を嗅ぐ

10-11-600x600

キャンドルの匂いを嗅げば、脳を活性化させ、眠気を追い出すことができると言われています。そのため、ベッドや布団の脇に、エッセンシャルオイルを置くという人も。

03.
“睡眠ダイアリー”を記す

11-6-600x600

人にはそれぞれ最適な方法があります。だからこそ、自分にぴったりの解決策を見つけるために、毎朝目覚めてどのような気持ちなのかを書き記してみましょう。

決まった時間にベッドに入ることで、目覚めたときにエネルギッシュになれますか?毎日同じ時間に目覚めることで、体調が優れると感じますか?

睡眠習慣と眠気レベルを記録することは、適切な睡眠のバランスをとる手助けとなるはずです。

04.
温度を変えながらの
“朝シャン”

2-181-600x600

朝のシャワーは、素早く心と体を目覚めさせる優れた方法のひとつかもしれません。ある専門家によると、お湯と水を切り替えながらのシャワーがオススメなのだそう。急速な温度変化によってすぐ目覚めることができ、1日をスタートするための心の準備ができる!?

05.
カーテン全開!

3-161-600x600

眠気に対抗するためには、できるだけ多くの光を部屋の中に取り入れる必要があります。目覚めてすぐにカーテンを開け、日光を浴びるのが理想的。

06.
瞑想しながらの“ありがとう”

9-12-600x600

陳腐に聞こえるかもしれませんが、「感謝の気持ち」こそ、これから始まる1日に向けて準備すべきもの。瞑想をしながら、身の周りのことに感謝しましょう。瞑想する時間がないのなら、深呼吸をしながらで構いません。

日々の生活や、あなたが手にしているものすべてに「ありがとう」と伝えてください。そうやって自分を励ませば、自然とベッドから出たくなるはず。

07.
近くの公園までランニング

4-151-600x600

早朝の運動ほど脳を快調にしてくれるものはありません。ジムへ行かなくても、血液の流れをよくする方法はたくさんあります。

たとえば、その場でジャンプしながら腕を動かす、30秒ランニングする…これらのことだけでも、すぐに脳が活性化すると言われています。新鮮な空気を吸いながら運動すれば、眠気など吹き飛んでしまうでしょう。

08.
グラス1杯の冷たい水で
シャキッと

5-15-600x600

一般的に、目覚めた時は体に水分が不足している状態。だからこそ、背の高いグラスで冷たい水を飲みましょう。

水分がきちんと維持されている体は、エネルギーに満ち溢れているもの。眠気に対抗する道具として水を積極的に利用するのです。

09.
楽しい音楽をかけて
聴覚を刺激する

6-15-600x600

嗅覚で目を覚ますことができるように、聴覚にも同様の効果が期待できます。

アップビートの音楽や、お気に入りのラジオ番組を大音量で再生してみてください。最初はうんざりするかもしれませんが、1日のはじまりに聴覚を刺激することは、脳の活性化につながります。

10.
栄養たっぷりの朝食を

7-14-600x600

「1日の中でもっとも重要な食事は朝食」という話を聞いたことはありませんか?朝食は、あなたに大きなエネルギーを与えてくれるもの。積極的にヨーグルトや果物を食べましょう。

11.
とにかく、
何が何でも“起き上がる”

8-14-600x600

眠気を吹き飛ばすポイントは、目が覚めたらすぐに起き上がること。スヌーズボタンを何度も押してしまう人も多いかもしれませんが、心と体が朦朧とするだけです。

アラームが鳴っているのなら、すぐに起き上がりベッドから出ましょう。そのままストレッチをすれば、眠気に対抗することができるはず!

Licensed material used with permission by LittleThings

眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
オフィスでの仕事中、コーヒーやエナジードリンクで眠気を吹き飛ばそうとしているあなた。もっとオーガニックな方法で、そのダルサを解消してみませんか?「Elit...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
これで朝の習慣が変わるなら…。
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
あまりに退屈な内容すぎて、思わず睡魔が襲ってくる。テレビでも、映画でも、投稿動画でも一度はこんな経験があるはず。「こんなの誰が観るの」と言いたくなるような...
いくら明るい陽が窓から差し込んできているとしても、居心地抜群のお布団にこもってゴロゴロする至福には毎回負けてしまう。でも睡眠とは、起きて行動するためのエネ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!01.朝が昼ごろに...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
「ニコチン・砂糖・カロリーなし」。一息入れるならコレ、と言わんばかりの謳い文句。味わう楽しみを除けば、たしかにシャキッとするための道具としてタバコもコーヒ...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...