ゾンビのように目覚める「朝」にさようなら。朝8時前にやるべき8つのこと

ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 

朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも…ゾンビ?

考えるまでもなく「ゾンビ!」と答えたあなたにぜひ読んで欲しい「inc.」の記事がこちら。朝8時前にやるべき8つのこととは?これであなたも、一日元気にスーパーマン!

01.
睡眠はきっちり7時間
(5時から6時に起床)

8758f07f8026e6199ebc1641c236c96c38c7d9f2

適切な睡眠は、体を健康にしてくれるだけではありません。記憶力を向上させ、クリエイティブにしてくれます。また、集中力が上がるので事故に遭うリスクも減りますし、前向きな気持ちになってうつ病にもなりにくくなるでしょう。

素晴らしい朝を迎えるために、まずは睡眠の質を上げることから始めましょう。

02.
メールやSNSは見ない
(所要時間:0分)

なんとなくチェックしなくてはならないような気がするメールやSNSも、結局は他の人の予定に過ぎません。朝起きてすぐにスマホを見てしまうと、受動的な気持ちになってしまいます。

一日を能動的なものにするためには、自分のことに集中し、クリエイティブなことを考えましょう。

03.
感謝の気持ちをもって瞑想
(所要時間:5-15分)

40ad3708302b9dd1612aa5d655a9e0204330e405

スマホを見る代わりにやるべきことは、瞑想です。静かな場所で深呼吸をしましょう。鼻から大きく息を吸い、数秒止めたあとに大きく口から吐き出します。

次に、目を閉じて今日という日が迎えられることに感謝しましょう。そうすれば、満ち足りた気持ちで1日を過ごすことができます。

04.
日記をつける
(所要時間:5-15分)

日記は夜つけるのではなく、朝つけましょう。瞑想したあとは、日記に2つのことを書きます。ひとつは長期的に達成したいゴール。そしてもうひとつは、今日実現したい目標です。

毎日しっかりとした目的意識を保つためには、書き出すことが一番いい方法なのです。

05.
運動をする
(所要時間:20-45分)

8ce513af8c27590e320afc1ca48d574e42d0a969

運動が大切なことは言うまでもありません。寝ている間に滞った血液を循環させ、眠っていた身体を覚醒させる効果アリ。

また運動することにより、脳内で快楽物質であるドーパミンが放出されます。この物質は、精神を安定させ自信を持たせる作用があるのです。

06.
運動しながら学ぶ
(所要時間:0分)

運動している間の時間もムダにしてはいけません。楽しいばかりで中身のないエンターテイメントを消費するのではなく、学ぶべきことのある良質なコンテンツをインプットしましょう。

続けていくことで、いずれ本を何百冊も読んだのと同じくらいの知識が蓄積されるはず。運動で身体を鍛えるのと同時に、精神も鍛えるべき。

07.
冷たいシャワーを浴びる
(所要時間:3-5分)

Cc2731d3e9de110108d314d179f8553b8ce091aa

冷たいシャワーは、様々な面で身体にいいと言われています。免疫、リンパ、循環器、消化器など…全身の調子を整えてくれる作用が。また代謝を活発にすることによって、太りにくく痩せやすい体質に改善できるという効果も期待できるから。

08.
30gのタンパク質をとる
(所要時間:3-15分)

096a91afe843c61fe724e52920facb8f5b94b41c

もちろん朝食にも気を遣いましょう。大切なのは、タンパク質を必ず30g以上はとることです。タンパク質は糖質に比べて腹持ちが良いため、「お昼前にお腹が空いてしまう」ということがなくなります。

また血糖値が急激に上昇しにくいので、お腹いっぱいで眠くなるようなこともありません。卵やナッツ、肉が理想的ですが、忙しい時はプロテインでも構いません。

Licensed material used with permission by Benjamin P. Hardy
これで朝の習慣が変わるなら…。
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
いよいよ本格的な冬が到来!となると、頭が痛いのはそう、「目覚め」の問題ですよね。そこで今回は「LittleThings」に掲載されている、スッキリ目覚める...