おなじ朝でも、時間のながれ方がまったく違う場所

一週間ほどニュージーランドを旅したなかで、忘れられない朝がありました。クライストチャーチにあるボタニックガーデンを訪れた時のことです。

すこし肌寒い空気に包まれたその場所は、子どもの時に図鑑で見たような花々が咲き、朝露にぬれた緑色の芝生が広がっていました。まるで、誰もいない美術館にある絵画のなかを歩いているような気分に。

誰にも、何者にも邪魔されない静寂の中を歩いていてふと思ったんです、東京でも、こんなに穏やかな朝をゆっくり迎えられたらいいのになぁって。

人ごみじゃなく、
ガーデンの中を散歩したい

64240921398476805334338577104896589754740296908858774354132992006344517938577408590876397849804858941864903966724725399288283136
Licensed material used with permission by Mikako Kozai
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
「選択の芸術」とも言われる写真は、たとえ同じ景色でも、切り取り方によって全く違うものに仕上がります。たとえばプロフォトグラファー・Vijceさんがシャッタ...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。い...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...