「アジアはもう飽きた!」という女子に教えたい、最高の3泊4日週末旅

5月はゴールデンウィーク。7月は夏休み。間にある祝日がひとつもない6月というのは、休みとは無縁すぎる一カ月。

だったらこの際、現実逃避と言われてもいいから、次の旅行の予定を積極的に決めたっていいのでは?どうせなら、これからの季節、むし暑い夏のアジア圏よりも、季節が逆の南半球でオフを過ごした方が、リフレッシュできるでしょう!

ということで、3泊4日でいけるオセアニア旅行を提案です!場所は、ニュージーランドの北島にある、ウェリントン。ニュージーランドの都市をいくつかまわってココが一番、週末の女子旅におすすめしたい場所なんです。その理由をまとめました。

01.
海も山もあって
欲張りしたい子にはピッタリ!

48923201052344325466237391863808

海と山の両方に囲まれている街、ウェリントン。海を見たければ、街の端まで歩いていって、水辺をゆっくりお散歩できます。疲れたら休憩できるカフェやレストランも目と鼻の先です。

自然に癒やされたければ、赤くてキュートなケーブルカーに乗れば、展望台がある山の頂上まですぐ。植物園もあって、忙しい街の空気から完全に離れることができます。

02.
世界的にも有名な
「コーヒーの街」

6546387575504896

ウェリントンは、2017年にCNNが発表した「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」にも選ばれたことがあるだけあり、街のいたる所にカフェが点在しています。日本のカフェのように内装は様々で、それぞれが個性を放っていますが、現地に実際足を運んで感じたのは、活気があるということ。

というのも、休みにもなればニュージーランドの人たちは家族や恋人同士、ひとりででもカフェにやってきては、淹れたての美味しいコーヒーを楽しんでいるんです。オーダーをしてテラス席に座れば、ニュージーランドのコーヒー文化をゆっくりと味わえます。短期間の旅行でも、現地に溶け込めるって、なんだか新鮮でいいですよね♪

03.
夜になれば
「クラフトビール」が堪能できる

4764202170318848

朝や昼にカフェでコーヒーを楽しんだら、次はクラフトビール!ウェリントンでつくられたビールや、もちろん他の街のビールなど、種類は豊富。また、醸造所も備えたクラフトビール店もあり、ビール好きにはたまらないと思います。

日が沈むころには、人気店は地元の人たちでごった返すほど。ビールを片手に隣に居合わせた人と話せば、すぐに打ち解けちゃうかも。ニュージーランドは、フレンドリーでオープンマインドな人が多い国です。

04.
「アート好き女子」にも
気になる要素はたくさん

65085290494033926701285839470592

街中を歩いていると、ふとした場所にアートが出てくることがあります。上の写真にもあるように、さり気なくストリートの一部になっているものもあるから、街歩きをしていて飽きることがないんです。

また、無料で入場できるミュージアムなどもいくつかあるので、散策してちょっと疲れたら、落ち着いた雰囲気のなかで静かにアート鑑賞するのもアリ。なかでも規模が大きい、ニュージーランド国立博物館は海のすぐ目の前にあるので、散歩しながら向かうと気持ちイイですよ。

05.
日本にはない服の宝庫

ニュージーランドで、さまざまは通りを歩いて気づいたことがあります。それは、女の子たちが、洗練されているのにどこか可愛いデザインの服を着ていて、とてもオシャレだということ。

ウェリントンの目抜き通り、キューバストリートには、ヴィンテージの服屋や日本にはないブランドの店がたくさん!ニュージーランドで買った服を日本で着たら、「それどこの服?」と友達に聞かれちゃうかもしれません。

と、ここまで週末にウェリントンを旅する時の一押しポイントをまとめてみました。1日目と最終日の夜は機内泊になってしまうけれど、ギリギリまで楽しみたい人は、木曜日の仕事を早く切り上げ日本を発ち、月曜日の明朝に帰国するスケジュールを立てれば、土曜日は1日フルで使うことができて目一杯楽しめるでしょう。

近日、ウェリントンのカフェにフォーカスした記事を公開予定。気になる人は、チェックしてみてください。

Top photo: © Mikako Kozai

*ウェリントンに関する他の記事はこちら

オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
食べて・旅して・アップして。世界中を旅しながら、各地を代表する味覚に出会い、写真に撮って美味しくいただく。まるで女子旅のお手本のようなインスタグラマーGi...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...