ニュージーランドの「絶品フラットホワイト」3選

6月3日、ニュージーランドのウェリントンが3泊4日の女子旅に最高だという記事を公開しました。この街は、CNNの「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれたことがあるほど、コーヒーが有名。

そこで、ウェリントンで実際に行ったカフェを紹介します。キーワードは、「フラットホワイト」です!

01.
こんなお店が近所にあったら
毎日通っちゃうかも
「Flight Cofee Hanger」

もともと駐車場だった土地に焙煎所ができ、その後、カフェもオープンした「Flight Coffee Hanger」。コーヒー文化が根付いたこの街では、観光名所というよりもローカルな庶民の憩いの場として機能しています。

その雰囲気をもっとも味わえるのが、平日の朝。ランニングついでの男女や出勤前のビジネスマンが、早くから丁寧にドリップされた一杯を求めてやってきます。カジュアルに一杯を飲み干していくその様がなんともナチュラルで、絵になるんですよね。

こんなお店、近所にあったら毎日通っちゃいます、きっと。

オススメはフラットホワイトの飲み比べ。

日本でもジワジワとファンを増やしつつあるフラットホワイトですが、ウェリントンではレストランでも当たり前のように注文できるほどポピュラーなコーヒーの飲み方なんです。だから「Flight Coffee Hanger」のような専門店では、一杯と言わず飲み比べてみるのもアリだと思うんです。

実際、私も試してみたんですが……いや〜深いです、フラットホワイト。一口にまろやかと言っても、こんなにいろんな段階があるとは!

02.
雑居ビルの名店!?
「Caffe L'affare」

スーパーや家具屋、本屋など、ローカルのお店が立ち並ぶ裏通りにあるのは「Caffe L'affare」。この店は雑居ビルに入っており、初めて訪れる人には、ちょっとわかりにくいかも。

だけど、店内はお客さんで溢れていて活気を感じることができます。レジに人が並ぶという、ウェリントンでは滅多にない光景を見ることも。いわゆる地元の人気店です。

そんな「Caffe L'affare」のイチオシメニューはガトーショコラです。もちろんコーヒーも美味しいんですよ。でもね、このお店のガトーショコラは特別なんです。店員さんがおすすめしてくれ食べてみたら、一緒にオーダーしたフラットホワイトとの相性がバツグンでした。甘みの優しさが絶妙で、フラットホワイトを流し込んだ時の風味ときたら。

足を運ぶ機会があれば、ぜひこのマリアージュを体験してもらいたいです。

03.
見た目ごちゃっとしてるのに
妙に落ち着く……
「Memphis Belle Coffee House」

街の目抜き通りであるキューバストリートからすぐの場所にあるのが「Memphis Belle Coffee House」です。ここは上記の2店よりも若い人が集まるお店。インテリアがビンテージだったり、ウォールがカラフルだったり、内装もとってもキュート。写真を撮って、ついインスタにあげたくなっちゃうのがこのカフェです。店員さんも、目が合うとにっこり笑顔で対応してくれて、とってもフレンドリーでしたよ。

こちらのフラットホワイトは、エスプレッソの苦味が程よく、ライトなテイスト。飲みやすかったです。普段あまりコーヒーを飲まない人でも楽しめる味わいです。スイーツや軽食も充実しているので、買い物に疲れた午後に行くのが良さそう。

気軽に立ち寄ってみて!

Top photo: © Mikako Kozai

*ウェリントンに関する他の記事はこちら

ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ニュージーランドの11月は気温が上がり始めた初夏。冷え込みはじめた日本を抜け出す計画するなら「Pure Pod」が最高の宿泊先。初夏にオススメなのはこの3...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...