クライストチャーチのボートがくれた、忘れられない「じぶん時間」

少し前、南半球ではまだ秋だった4月、ニュージーランドを一週間ほど旅する機会があり、その中でクライストチャーチを訪れました。そこにあったのが、今回紹介するボートです。

世界的に見ても認知度は全然ないし、しかもザ・観光客向けなのだけれど、これが意外に(と言ったら失礼ですが)良かったんです。旅中、ビーチへ行ったりカフェでまったりしたり植物園を歩いたり、いろいろな形で朝を過ごしましたが、その中でももう一度体験したいと思えるもの。

クライストチャートのボート、「Punting on the Avon」の乗り場は2カ所。植物園を通るルートと街中を通るルートがあります。私が乗ったのは、植物園へ行く方でした。街の喧騒から離れて自然だけに囲まれた、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

所要時間は30分。今の時期、4月〜9月であれば、10時〜16時のあいだ乗ることができますが、澄んだ空気をお腹いっぱい吸える早い時間帯がおすすめです。日本の春、つまりあちらの秋であれば、紅葉を堪能することもできますよ。

観光客向けのボートって、漕ぐ人が歌ってくれたり景色やスポットをひたすら説明してくれる場所があるけれど、ここでは必要な時に質問をしたら対応してくれる程度。でも、そこがいいんですよね。誰に邪魔されることなく、自分だけの時間を大切にできますから。

私も、ボートの上では目を閉じて、木々のにおいやすこし肌寒い空気を感じたり、水の音に耳を澄ませたりしていました。すると、日々の暮らしで見過ごしていたものが、急に愛おしく感じられたんです。

大人は28ドルで、子どもは12ドル。ちょっと高い気もしますが、忘れられない時間を過ごせると思います。

Top photo: © Mikako Kozai
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
昔の「大切な人たち」を思い浮かべながら、読んでみてください。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...