ド素人の私が「ラグビー観戦」にハマった日

去る4月21日、この日は私のなかで忘れられない一日となりました。なぜなら、人生で初めてラグビーの試合を観戦したから!

試合を観た場所は、本場ニュージーランド。正直、ルールも知らずに本当に楽しめるのかとソワソワしていたけれど、いらぬ心配でした。行ってみて実感したけれど、ラグビー観戦って、試合そのものだけを楽しむってことだけではナイのです。

来年、2019年には、日本でラグビーワールドカップが開催されます。せっかくだから、素人目だからこそ見えた試合観戦の楽しさを、先にお伝えします!

選手がいないグラウンドで
盛大な余興!

今回私が観たのは、ニュージーランドチームのCrusadersと日本からきたSunwolvesが戦う「スーパーラグビー」の試合。

せっかくニュージーランドで観るのだし、民族舞踊のハカも見れるかもしれない!と意気揚々としていたけれど、「代表チームしかやらないですよ」と隣の席の人に言われてすこしガッカリ。

そんな時、会場内に突然リズミカルな音楽が流れ、現れたのは……、

5380797607444480
© Atsushi Ishiguro

ボンボンを両手に持った可愛いチアリーダーたち!4月のニュージーランドと言えば、季節はもう秋。肌寒い環境にも負けずにとびっきりの笑顔で踊ってくれました。

と思ったら…お次は、鎧を着て剣を持つ男性と馬が登場!

5824533495808000
© Atsushi Ishiguro

どう考えてもラグビーの試合に毎度馬が出てくるわけではないと思うのですが、よくよく考えてみると、Crusaderとは英語で「十字軍」という意味。

4701020517040128
© Atsushi Ishiguro

地元チームを応援する騎士たちの登場で、会場内の熱は一気にヒートアップしました。グラウンドを何周もしてファンサービスをしたり、実際に馬が出入りするゲートはお城の正門のようなつくりになっていたりで、結構気合が入っていました。

毎回ラグビーの試合で、これほど盛大に余興はないかもしれないけれど……、楽しめるかどうか不安だった私の心をガッチリ掴んでいったのは確かです。そして、地元チームの余興に声援を送る観客を見ると、皆がそれぞれ楽しんでいて、「固くならずにリラックスしていて良いんだな」と思うことができました。

イチバン興奮するのは
やっぱり試合!

5069394761744384
© Atsushi Ishiguro
6420496178479104
© Atsushi Ishiguro
6565450250977280
© Atsushi Ishiguro
6494148693590016

余興の話に触れましたが、ひとたび試合が始まると、観客の目は選手の動きに釘づけ!

私はというと、点の入り方などはざっくり教えてもらったものの詳しいことはよくわからず……。それでも、フィールド上を駆け回る選手の一挙一動にハラハラしていました。

選手から選手へボールが投げられたと思ったら、ぶつかり合ったり倒れ込んだり、野球と水泳くらいしかまともに観戦したことがない私にとっては、こんなに激しくて熱いスポーツは初めてでした!生で観戦していると、フィールド全体を見渡せて、試合の流れの変化が手に取るようにわかるから、テレビで見るよりも何倍も面白かったです。

お約束なものも……
やっぱりスキ!

試合に夢中になっていれば、喉も渇くし小腹も空くということで、欠かせないのはドリンクや軽食。例えば、ビールやポテトフライやホットドッグ。定番メニューに加えてニュージーランドでは、フィッシュ&チップスやパイもよく食べられるんだとか。

私はホットドッグを食べましたが、必死に選手たちを応援して思った以上にお腹が空いていたのか、コンビニや露店で買ったものとは比べ物にならないほど美味しく感じることができました。

見るだけじゃなくて
「全身で感じる」

5382629142560768

今回、取材も兼ねて競技場に足を運んだ私。試合後には、Sunwolvesで前回のラグビーワールドカップ日本代表にも選ばれた田中史朗選手に、すこしだけ話を聞くことができました。

田中選手が教えてくれた、ラグビーを知らない人でも楽しむコツを紹介します。

「テレビで観ても楽しいスポーツですけど、人が当たる音っていうのが刺激的だと思います。男性も女性もそこに興奮して、さらに面白く感じると思うので、ぜひ会場に足を運んでもらいたいです」

確かに、試合観戦をしていて、選手同士のかけ声、声援、アナウンス、すべての音と目の前で繰り広げられる熱いプレーが一体となり、大きな渦のような熱気が場内を包んでいました。その渦が、興奮する気持ちをさらに掻き立ててくれたんですよね。

*

これまでは、ラグビーのルールがわからないからと会場に足を運ぶことはなかったけれど、試合を観戦して、何でも試してみなきゃわからないものだと心底実感。

行った人だけが味わうことができるこのワクワク感。あなたもぜひ、日本で体感してみてください!

Top photo: © Atsushi Ishiguro
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
それは、ちょうど「山の日」(2017年8月11日)の出来事だった。友人たちからの連絡が嵐のように携帯に届く。「ちゃんと生きてるか?」「どこにいるんだ?」「...