【9月22日開催】ワールドカップをラグビー選手と盛り上げるハイネケン飲み放題列車

日本全土でラグビー熱がかつてない高まりをみせる今、「近畿日本鉄道」が9月22日、ラグビーファンにとってはたまらないイベントを開催。

「東大阪市花園ラグビー場」でラグビーワールドカップ2019日本大会のイタリア対ナミビア戦が開催される当日に運行されるのは「近鉄ライナーズ選手と楽しむハイネケンビール列車」!

ラグビー場の最寄駅「東花園」から、近鉄の観光列車「つどい」が出発。大阪上本町駅に至る約2時間の間、ラグビーワールドカップのワールドワイドパートナー「ハイネケン」のビールを飲み放題で提供。さらに、ラグビートップリーグ所属の「近鉄ライナーズ」の選手たちも同乗して、試合に興奮醒めやらぬ車内のラグビー熱を盛り上げてくれる。

前売券は近鉄各駅営業所で販売中(当日券も販売あり)で、定員は70名。屈強な肉体のトップリーガーたちと一緒なので車内も狭く感じそうだが、ラガーファンにとっては夢のような時間になること間違いなし。

試合の最中もその後も、“ラガーマンが奮闘する姿”を目にできそうな催しだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
ビールのCMというと、芸能人がグビッと飲んで「うまい!」といったイメージがある。でも、オランダのビールメーカー「Heineken(ハイネケン)」の映像には...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
ラグビーチームGreen Gazellesは、イギリスで初の「ヴィーガンラグビーチーム」を結成したと発表。今後、国外で行われるトーナメント戦に参加する予定...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...