ラグビー登山家に聞いた「山の日」を楽しむために知っておいてほしいこと。

8月11日、山の日。

これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。

01.
「調べすぎ」くらいで
ちょうどいい

27653463cb48ca7cac221d1b582e264e6b5dad99

ネットを見れば、これから登頂する山の情報は溢れているかと思います。その中で情報がまとまっているものひとつ選び、まずはそこに書かれていることを徹底的に覚えるようにしてみてください。頭のなかで、その説明が思い浮かぶぐらいがちょうどいいと思います。

とくに気にしてほしいのが、天気の情報です。山の事故は天候によるものが多く、最悪の場合は見送ることも検討してください。

また海外の山など、日本から情報を得るのが難しい場合は、その山の麓の登山家が利用するところに泊まるのもひとつの手です。そこのスタッフや、すでに登り終えた人に聞いてみるといいでしょう。


僕のようにレンタカーを借りて山へ行く場合、スタート地点がどこにあるのか、そもそもわからない場合が多いです。スケジュールに余裕をもたせていきましょう。

02.
分岐点は写真で残しておく
(とくに海外は)

日本の登山ルートは、比較的分岐点に矢印が存在しているので大丈夫かと思いますが、海外の山ではないケースが多く、道に迷いがちです。分岐点に来たら必ず写真を撮っておくことをおすすめします。行きは大丈夫ですが、帰りに自分が来た道をトレースできます。

03.
モバイルバッテリーは
+1〜2日分

A7146ccbd01ca6f807a89ca08d985cd033a94bcc

山に関わるスマホアプリは、何かと便利です。しかし当たり前のことですが、電池がなくなれば使えなくなります。忘れずに大容量のモバイルバッテリーを持つようにしましょう。

万が一に備えて、登頂予定期間+1~2日のバッテリーを持っていれば安心です。

04.
「トラブルを楽しもう」
というメンタル

大なり小なり、登山にトラブルはつきものです。しかしそんなときも、決して焦ってはいけません。冷静に対応し、回避しなければなりません。そんなことを言いつつ僕もトラブルに遭遇したときはつい焦ってしまいますが、ひと息ついて、問題を長期化させないようにしましょう。

…さて、ここからは僕ならでは山の楽しみ方をお伝えします。

山頂まで
好きなものを持っていく

7395e785f4d01fa019bf3aeb85dd3dea14c3eb68

日本で山を登っていたときは、ラグビーボールでなく楽器とコーヒーセットをよく持っていきました。山頂で楽器を弾くのは最高に気持ちよく、またそこで注ぐコーヒーも格別だからです。

また、沖縄の西表島に行ったときは、ソーキソバセットを持っていきましたし、長野に行ったときはそばセットを持ち、山頂で作りました。非日常的な場所での調理はもちろん、ご当地グルメを山頂で食べるのは、最高の思い出となるはずです。

山にはマジックがある

僕の知り合いで、SNSで知り合って富士山に登頂したのをきっかけに結婚まで至ったケースがあります。共に苦しい場面を乗り越える登山には、お互いを結びつけるマジックがあるかもしれないですね。

時には人助けを!?

日常生活のなかで人を助けるなんてシチュエーションは、ほとんどありません。しかし山に登ると、少なからず困っている人がいます。

難易度の高い山でなければ、困っている人を助けてみましょう。荷物を持ってあげたり、来たルートを教えてあげたり。きっと、その山に対する思い出がまた一層深いものとなるでしょう。

僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
それは、ちょうど「山の日」(2017年8月11日)の出来事だった。友人たちからの連絡が嵐のように携帯に届く。「ちゃんと生きてるか?」「どこにいるんだ?」「...
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
試合中に選手が倒れると、「魔法のやかん」を持った控え選手が駆けつけ、倒れた選手の顔に水をかける。すると、スッと立ち上がり、何事もなかったかのようにプレーに...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
明日は山の日だからこそ、この「TREK TRACK」というデバイスについて知ってもらいたい。
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...