体感温度-40℃。過酷すぎる山登りを支える「魔法のスープ」

一昔前のラグビーを象徴する存在のひとつとして、「魔法のやかん」というものがあった。

試合中に選手が倒れると、「魔法のやかん」を持った控え選手が駆けつけ、倒れた選手の顔に水をかける。すると、スッと立ち上がり、何事もなかったかのようにプレーに戻るといったものである。中身は、どこにでもある普通の水だ。

昨今、それが危険な行為であるとして、「魔法のやかん」そのものは見かけなくなってしまった。しかし、場所は違えど、高度障害で倒れた登山家がある魔法によってスッと立ち上がり、しまいには6,960mの山頂まで登った光景を僕は目の当たりにした。

その魔法とは、ベースキャンプで見かけたスープだった。

高所登山は、過酷そのもの。

高所登山は過酷そのものだ。アンデス山脈にある南米最高峰の山・アコンカグアに関して言えば、山頂付近の酸素は地上の約3分の1。ここまで空気が薄いと何をするにしても身体が鉛のように重い。明け方の最低気温は約-25℃、強風の際の体感温度は-40℃とも言われている。

そして、何より辛いのが、空腹は感じていても酸素が薄いため、食べる気力さえ無くしてしまうこと。もちろん個人差もあるのだが、消費カロリーが1日あたり5,000〜10,000Kcalという過酷な状況の中、エネルギーを吸収できないのだ。

口に物を入れても身体が拒否する。食べ物を胃腸で消化するにあたって酸素を大量に使用することから、酸素が薄い高所では消化ができずに戻してしまうケースもある。

一般的に、高所では高度障害を防ぐために1日あたり3.0〜5.0Lの水分補給を求められている。平地でもそこまで大量の水を飲む機会は少ないなか、高所でのそれは容易ではない。仮に飲めたとしても無味な水を飲み続けるのは苦痛でしかない。

そんな状況でのスープは、命をかけて戦っている登山家たちにとって、水分を取れるうえ、凍えた身体を温めつつ栄養補給ができる「最高の料理」なのだ。

特別な食材は、何もなし!

ハイシーズンとなると、3,500人もの登山客が、世界中から訪れると言われるアコンカグア。その玄関口となるベースキャンプのプラザ・デ・ムーラスのキッチンには、美味しそうな匂いがいつも漂っている。物資が限られている中、多いときには1日100人ほどの登山家がこのキッチンで作られた料理を食べているという。

「世界でも類をみないほどの高所で料理を作り、登山家たちの活力になることは最高のモチベーション」

とは、チーフ・シェフであるホーヤス。

何も特別な食材は使用していない。「魔法のやかん」に入っている普通の水が倒れたラグビー選手を再び立ち上がらせたように、どこの家庭にでもある普通のスープが「魔法のスープ」となり、登山家たちを再び山へ向かわせるのだ。

関連する記事

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
今回は恵比寿にある「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」。自分好みにカスタマイズして食べられる「スープ春雨」。美味しく食べながら身体を内側から元気にしていこっ♡
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
フランスのスタートアップ「Feed.」が開発したスープ。……とは言っても、販売されている段階ではパウダー状。これにお湯を入れて45秒ほどシェイクすれば、1...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
昨年10月のコンテストで建築スタジオ「ABIBOO」が発表した火星都市の構想は、長年の人類の夢を大きく前進させそうだ。
「アフタヌーンティー」などを展開する「株式会社サザビーリーグ」から、ヘルシーなスープを中心に提供する食のブランド「CHARBY BONE BROTH(チャ...
あなたの周りに、山登りが趣味の人はいますか?ただただ頂上を目指すことを目的とする登山家に悪い人はいない、主張するのは、「Elite Daily」のVica...
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
真ん中にあるスープと、その周りの深い穴。そしてそれを囲む長いスプーンを持った6人の人間たち。全員が自分の為だけにスープを取ろうと試みるが、互いに邪魔をして...
ドキドキしながら観に行ったラグビーの試合。ちゃんと楽しめるか不安だったけれど、「あれ?意外に面白いじゃん……!」
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
近畿日本鉄道は、9月22日の「東大阪市花園ラグビー場」でラグビーワールドカップ2019日本大会のイタリア対ナミビア戦が開催される当日、「近鉄ライナーズ選手...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...