酸辣湯好きは絶対ハマる「すっぱ〜いスープ」

「味が濃い」「酸っぱい」「辛い」など、料理にはその国ならではの食文化が反映されています。

書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシピを紹介しています。

ここでは土地柄がよく出た「酸っぱい」フィリピンの料理です。

“酸味”には良いことばかり

そもそも、なぜこんなに酸っぱいスープが出来たのでしょう?それはタマリンドという熱帯地域の酸っぱい果物があって、それを使っているから。

レシピではレモンで代用していますが、本場のタマリンドはマメ科の植物。熱帯にすむキツネザルたちの大好物なのですが、調味料は一度発酵させて、さらに酸っぱくなったものを使います。「酸っぱい」というのは良いことが2つあります。

1つは腐りにくくなること。もう1つは、暑い時にも食欲が増進すること。これは暑い国ならではの知恵ですね。他にも、ミクロネシアの「チキンアドボ」という煮込み料理もたっぷりお酢を使っています。ドイツのザワークラウトもキャベツを発酵させた酸っぱい保存食。食べ物を美味しく保存する知恵は世界中にあるんですね。

豚肉の酸っぱい
「シニガンスープ」

<材料:2人分>

A ___________________
豚ロース:2枚(一口大)
オクラ:4本(ヘタを切る)
大根:1/2本(いちょう切り)
トマト:1/2個(ざく切り)
なす:1本(短冊切り)
水:2カップ(400cc)

B___________________
レモン汁:大さじ2
ナンプラー:大さじ1
塩:小さじ1/2

 

<作り方>
1. 鍋にAを入れて、中火で20分煮込む。
2. Bを加え、一煮立ちさせる。アクを取り、弱火で30分煮込む。

ほかの国の料理はこちら

Licensed material used with permission by ライツ社
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
日本の粉末プロテイン市場ではホエイとソイが大半を占めるなか、福岡で業務用液卵・凍結卵を製造販売している「イフジ産業株式会社」は、長年の鶏卵加工の強みを活か...
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
今回は恵比寿にある「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」。自分好みにカスタマイズして食べられる「スープ春雨」。美味しく食べながら身体を内側から元気にしていこっ♡
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
東南アジア、アフリカ、そして南米、ピーナッツを使ったスープって意外と多いんですよね。寒い季節だからこそ美味しい、ピーナッツのポタージュを試してみませんか?...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
青森・十和田の奥入瀬渓流沿いに建つ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、5月7日~7月31日、苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施。部屋の装飾か...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...