アメリカが生んだ、オクラが主役の煮込み料理。

シチューもカレーも、日本ではもう言わずと知れた定番メニューですが、世界30か国で料理の修行をしてきた本山尚義さんが教えてくれるのは、「シチューでもカレーでもない」アメリカ生まれの煮込み料理。

これもゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、ジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)よりご紹介します。

アメリカなのにオクラ料理?

アメリカの料理といえばハンバーガーやステーキのイメージがありませんか?しかし、この料理にはオクラが入っています。日本でもおなじみの食材ですが、実はアフリカが原産。

その昔、大航海時代にヨーロッパの国々がアフリカを侵略しました。そして、たくさんの黒人たちを奴隷としてアメリカに連れていきました。とても悲しい歴史なんですが、オクラがアフリカから渡ったものだと聞いた時、ハッと思ったんです。奴隷たちを乗せてアメリカを目指した船に、オクラの種も乗っていたんじゃないかと。

それから調べてみると、やはりオクラが伝わったのはその時代なんです。使っているスパイスやハーブも、実はヨーロッパやインドのものが混ざっていて、当時の貿易のルートがこの一皿に凝縮されているんです。

たった1つの煮込み料理の裏側に、こんな壮大な話が隠れていたなんてすごいと思いませんか。この料理は私が料理を通して歴史や文化を知ってもらいたいと思ったきっかけでもあるんです。

鶏肉とオクラの
とろとろスパイシー煮込み
「ガンボ」

6601640484274176

<材料:2人分>

サラダ油:大さじ1
鶏もも肉:100g
薄力粉:大さじ1

A ____________________________
オクラ:200g(輪切り)
玉ねぎ:1/2個(粗みじん切り)
にんにく(おろし):大さじ1
B____________________________
カットトマト:2/1缶
水:1カップ(200cc)

C____________________________
オレガノ:小さじ2/1
カイエンペッパー:小さじ2/1
タイム:小さじ1/2
パプリカ::大さじ1
塩:大さじ1/2
こしょう:小さじ2/1

 

<作り方>

1.鍋に油を熱し、中火でAをしんなりするまで炒める。鶏肉を加え、色が変わるまで炒める。薄力粉を加え、3分ほど混ぜながら炒める。
2.Bを加え、弱火で10分煮込む。
3.Cを加え、さらに弱火で20分煮込んだら出来上がり。

ほかの国の料理はこちら

全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込んだだけのこの料理。そんな無造作ななかにも「家族の愛」が込められています。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...