見た目フツウだけど、ずっと食べていたい「マッシュポテト」

マッシュポテトといえば、ステーキの横に添えたり、“付け合わせ”としての役割が強いですよね。

けれど、濃厚クリーミーなマッシュポテトはそれだけでずっと食べていたくなるほど美味しいのです。というわけで今回は、「メインで食べたくなるマッシュポテト」をご紹介します。

濃厚クリーミーな
マッシュポテトの作り方

ポイントは牛乳とたっぷりのバターと生クリームでぽってりとさせること

じゃがいもは熱いうちに裏ごしをすることで、より滑らかな口当たりが楽しめます。クリーミーな味わいのマッシュポテトはメインおかずに負けずとも劣らない、絶品料理になるんです。

材料

じゃがいも(男爵):大3個(500g)
バター:50g
牛乳:70ml
生クリーム:100ml
塩:小さじ1
白こしょう:適量

作り方

1.鍋にじゃがいもをいれ、水をひたひたに注ぎじゃがいもが柔らかくなるまで、30〜40分茹でる。茹で上がったら、熱いうちに皮をむき、裏ごし。そのあと、バターと一緒に鍋に入れ、焦げないようにバターを溶かし、牛乳を加え水分を飛ばすように混ぜる。

2.そこに生クリームを少しずつ加えていき、ぽってりとするまでさらに混ぜる。塩、白こしょうを入れ、味を見て調整したら完成。

マッシュポテトをつくって、卵黄とバターを混ぜてオーブンで焼く。これだけのレシピでもフランス人の手にかかれば、見た目もかわいい一品料理に早変わり。メレンゲの...
フランスとスペインに接する、ピレネー山中のアンドラ公国。この小さな国から生まれた名物料理が「トリンチャット」です。いわゆるマッシュポテトにキャベツを入れ、...
料理名に「パイ」と付いただけで、とたんに難しく感じてしまう人がいます。それは小麦粉を練った生地でつくる料理のイメージから。でも、アイルランドには「コテージ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
ヒューストン・アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで食べるべきグルメです。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
さぞかし情熱的な一皿をイメージしてしまいそうな料理名ですが、これはデンマークのおふくろの味「ブランデ・キャルリフ」を和訳したもの。つまり、情熱的な“燃える...