自家製「生パスタ」なんて、夢のまた夢だと思ってた。

スーパーから購入した一番安いパスタをさっと茹で上げ、仕上げにレトルトパスタソースを絡める。お腹が空いたときには手っ取り早くていいかもしれないけど、「手料理を振るまう」なんて機会には、手抜き感ありすぎで、これはさすがに使えない。

ならば、いっそ真逆に振り切ってソースどころかパスタを一から作っちゃおうというのが「Food52」ライターSarah Coatesの提案。彼女のレシピをチェックしておけば、パーティーシーンでちょっとした優越感を持てるはず。

生パスタはちっとも難しくない!

フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれる。それがどれだけカンタンだったかは、自分の中に秘めておくとしよう。

材料:6人分
卵(大):3個
小麦粉:300g
塩:小さじ1

  1.  テーブルまたは作業台の表面をきれいにし、小麦粉を円状に広げ、真ん中に空洞を作る。

  2. 卵を空洞の中に割り、塩を振りかける。この段階で振りかけると、塩は満遍なく行き渡ってくれる。

  3. フォークを使いながら、卵を溶いていく。ほぼ溶いたところで、ゆっくりと小麦粉に絡めていく。ただし、この際に小麦粉の“ダム”は崩さないこと。たとえ崩れたとしても、そこまで気を張らなくても大丈夫。

  4. 厚いペースト状になるまで卵と小麦粉を混ぜ合わせる。ここまで出来たら、今度は袖をまくり上げ、手でこねる。

  5. まだ生地に練りこまれていない小麦粉を卵のほうにかき寄せてこねる。5分ほど激しく練り、残りの10分はリラックスした状態で練る。小麦粉がすべて混ぜ合わさり、生地がゴム状のように滑らかになるまでこねるたら完成。

  6. 生地が完成したらラップで巻き、30分間、あるいは一晩かけて冷蔵庫の中で寝かせる。

  7. 生地を取り出し、4等分にし、それぞれを長円形に伸ばす。生地に小麦粉をふりかけ、パスタマシンを一番太い麺に設定し、マシンに通す。マシンから出てきたものを半分に折りたたみ、再度マシンに通す。太麺の設定のまま、何度かこれを繰り返す。このように積層することで、ちょうどいい歯ごたえと食感が生まれる。

  8. 生地が積層されたところで、お好みの太さにマシンを調整する。生地がくっついてしまうようであれば、小麦粉を振りかける。

  9. お好みの太さに調整ができたら「ラビオリ」や「カネロニ」、あるいは「ラザニア」にしよう。上記の写真に映る「パッパルデッレ」を作る場合は、カットする前に何時間かシートの上で寝かせておくこと。
Written bySarah Coates
Licensed material used with permission byFood52
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。