自家製「生パスタ」なんて、夢のまた夢だと思ってた。

スーパーから購入した一番安いパスタをさっと茹で上げ、仕上げにレトルトパスタソースを絡める。お腹が空いたときには手っ取り早くていいかもしれないけど、「手料理を振るまう」なんて機会には、手抜き感ありすぎで、これはさすがに使えない。

ならば、いっそ真逆に振り切ってソースどころかパスタを一から作っちゃおうというのが「Food52」ライターSarah Coatesの提案。彼女のレシピをチェックしておけば、パーティーシーンでちょっとした優越感を持てるはず。

生パスタはちっとも難しくない!

6276186921500672

フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれる。それがどれだけカンタンだったかは、自分の中に秘めておくとしよう。

材料:6人分
卵(大):3個
小麦粉:300g
塩:小さじ1

  1.  テーブルまたは作業台の表面をきれいにし、小麦粉を円状に広げ、真ん中に空洞を作る。

  2. 卵を空洞の中に割り、塩を振りかける。この段階で振りかけると、塩は満遍なく行き渡ってくれる。

  3. フォークを使いながら、卵を溶いていく。ほぼ溶いたところで、ゆっくりと小麦粉に絡めていく。ただし、この際に小麦粉の“ダム”は崩さないこと。たとえ崩れたとしても、そこまで気を張らなくても大丈夫。

  4. 厚いペースト状になるまで卵と小麦粉を混ぜ合わせる。ここまで出来たら、今度は袖をまくり上げ、手でこねる。

  5. まだ生地に練りこまれていない小麦粉を卵のほうにかき寄せてこねる。5分ほど激しく練り、残りの10分はリラックスした状態で練る。小麦粉がすべて混ぜ合わさり、生地がゴム状のように滑らかになるまでこねるたら完成。

  6. 生地が完成したらラップで巻き、30分間、あるいは一晩かけて冷蔵庫の中で寝かせる。

  7. 生地を取り出し、4等分にし、それぞれを長円形に伸ばす。生地に小麦粉をふりかけ、パスタマシンを一番太い麺に設定し、マシンに通す。マシンから出てきたものを半分に折りたたみ、再度マシンに通す。太麺の設定のまま、何度かこれを繰り返す。このように積層することで、ちょうどいい歯ごたえと食感が生まれる。

  8. 生地が積層されたところで、お好みの太さにマシンを調整する。生地がくっついてしまうようであれば、小麦粉を振りかける。

  9. お好みの太さに調整ができたら「ラビオリ」や「カネロニ」、あるいは「ラザニア」にしよう。上記の写真に映る「パッパルデッレ」を作る場合は、カットする前に何時間かシートの上で寝かせておくこと。
Written bySarah Coates
Licensed material used with permission byFood52
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
よく夢を見る人は、イコールよく夢を覚えているってこと。ライターJulia Guerraさんがこの記事で、以下のように分析していた。レム睡眠中はよく見る、チ...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...