ピンクの「冷製パスタ」が登場!その正体は世界が注目する、アノ野菜だった

本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!
ところが、その見た目とは裏腹、じつに繊細で夏らしい味わいのなのです。この斬新なレシピを紹介してくれるのは、vege料理家の秋場 奈奈さん。

いったい、この色どこから来ていると思いますか?下の写真で彼女が手にしているのがその正体。これはもしや…。

_MG_9868

そうです。このピンクの秘密は、ロシア料理の「ボルシチ」に使われることで知られる野菜のビーツ。豊富な栄養素が美容・健康に効果ありと、いま世界的に注目が集まる野菜なのです。

ビーツに含まれる「NO(エヌオー)」と呼ばれる一酸化窒素。血液の流れをよくするばかりか、脳卒中や心臓病の原因となる血栓を予防する働きがあるんだそう。血流を改善して血管を若返らせる、アンチエイジングの効果も。ほかにも、基礎代謝が高まり、ダイエットにも期待できるとか。
秘めたるビーツのパワーが、奈奈さんオリジナルのパスタに注入されます。

素手で和えて色を定着
ビーツの冷製ピンクパスタ

_MG_9957

まず、この冷製パスタを作るうえで欠かせないのが、「ビーツのドレッシング」。これがそのままパスタソースに変身、ドレッシングを茹で上げたパスタに和えて仕上げていきます。

材料は、ビーツ(中くらいのサイズ):1個、紫タマネギ:1個、リンゴ(小サイズ):半分、レモン:1個ニンニク:1片、酢:10cc、オリーブオイル:50cc、醤油:40cc塩:大さじ1弱、コショウ:少々。
これらをすべてフードプロセッサー、もしくはミキサーで混ぜ合わせれば完成です。

<材料>2人前スパゲッティ:180gビーツのドレッシング:適量紫玉ねぎ:1/2個セロリ(茎):1/4本アボカド:1/2個ナッツ(クルミやカシューナッツなど):適量バジル:数枚大葉:数枚粒マスタード:適量オリーブオイル:適量塩:適量

<作り方>
①紫玉ねぎ、セロリは薄くスライスしておく。アボカドはダイスにカット。
②バジル、大葉は千切りにしておく。
③ビーツドレッシングに①、②を混ぜ合わせておき、冷水でしめたパスタを加えよく合える(大胆に手で混ぜ合わせることが美味しさの秘訣)。
④粒マスタードとオリーブオイル、塩で味を整えてトッピングにお好みの野菜を添えてできあがり。

_MG_9966

パスタにドレッシングを入れて直ぐは、「これで本当にピンクに染まる?」と心配になるはず。でも、ご安心。丁寧に手で揉み込んでいくうちに…、みるみるパスタにビーツの鮮やかなえんじ色がしみ込んでいきます。
こうして手で合えること、およそ2分。目にも鮮やかなショッキングピンクが完成!

_MG_0070 今回の付け合わせ「ナスのステーキ」とマヨを使わない「ポテトサラダ」も、奈奈さんお手製。目でも舌でも味わえる、ワンプレートディッシュのできあがり。

色も香りも栄養のうち!
フィトケミカルが決め手

さて、健康意識の高い人には今更かもしれませんが、野菜や果物には、ビタミンやミネラルの他に、色や香りに内在する成分があります。「フィトケミカル(ファイトケミカルとも)」と呼ばれる、この成分の特徴は、主に体の機能を活性化させること。すなわち抗酸化作用にあります。
例えば、生活習慣病の予防や免疫機能の向上、さらにはアンチエイジングにも効果を発揮するなど、嬉しい要素がたくさん。さらには、栄養面だけでなく彩りよく食べることが、体にも精神的にも重要!と奈奈さん。それにしても、いったいどうしてビーツのピンクに着想を得たのでしょう?

「そもそも、鮮やかなビーツの色をスムージーやドレッシングで楽しんでいました。そのうち、もっと料理にピンクを活かしたいとエスカレートしちゃって。ビーツの色や香りは、栄養の証。細胞を若返らせたり、見た目にもキレイな色を食べることで、有効にフィトケミカルを体に取り入れることにもつながりますよ」

長年デザイナー、スタイリストとして活躍してきた彼女。色へのこだわりが、人一倍強いのも納得ですね。

誰も思いつかないようなカラフルな野菜の組み合わせで、“なな色”を表現する奈奈さんの料理。見ているだけで元気が湧いてくるような、ポップで美味しい彼女の料理教室は、つねに予約で一杯。興味ある人は「Facebook」をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 秋場 奈奈

 

サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。