あの「ミツカン」が作った「パスタ」。しかも、ヘルシー!

「味ぽん」でおなじみ「ミツカン」からパスタが新発売!? 

なんとも違和感を覚える組み合わせだが、9月末にリリースされた「ZENB NOODLE(ゼンブ ヌードル)」は、野菜不足に悩む人や食物繊維を欲している人たちの救世主となるに違いない。

じつはこの麺、豆100%でできている。

原材料は、黄えんどう豆のみ。植物性たんぱく質が豊富で食物繊維もたっぷり。大豆よりも脂質が少ない食材としても注目されている。この黄えんどう豆の薄皮まで“まるごと全部”使って、独自製法で仕上げた麺は、もちっとした弾力のある食感と一口噛むと広がる豆の旨味が特徴。

パスタだけでなく、焼きそば汁麺和え麺と、どんな麺料理にも馴染みがいいから、パスタやうどんに置き換えて使えば、普段の食習慣を大きく変えることなく、健康を手に入れることができるというわけ。

ちなみに、10月30日(金)まで六本木のイタリアン「la Brianza」、浅草の中華料理店「龍圓」、新宿のラーメン店「創始麺屋武蔵」にて、「ZENB NOODLE」コラボメニューの提供も。

詳しくは下記の公式サイトでチェック!

©株式会社Mizkan Holdings

「ZENB NOODLE」1袋4食入り 792円(税込)

©株式会社Mizkan Holdings

ところで、「ミツカン」と「豆100%パスタ」の違和感。その答えは、以前紹介した「ZENB」の記事に詳しい。ぜひ、そちらもチェックを!

『ZENB NOODLE』

【公式サイト】https://zenb.jp/

Top image: © 株式会社Mizkan Holdings
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事