今、ミツカンがつくっているのは「芯までまるごと食べられるコーン」

無人島にひとつ持っていくとしたら真っ先に「味ぽん」と答えるほど、偏愛する自分。ご存知ミツカンの調味料だ。創業215年の老舗食品メーカーゆえに、もちろんほかにもブランドを代表するアイコンは多い。

そのミツカンがMakuakeでクラウドファンディングを実施している。それも意外なプロダクト。大詰めを迎えたプロジェクトを紹介せずにはいられない!

まるごと活かし
おいしく食べる

野菜不足に悩む現代人は多い。かくいう私もその一人。厚労省が提唱する1日350gに達しているとも到底思えない。

現代人の食生活に合わせ、無理せずまるごと野菜をおいしく食べるにはどうすればいいか。ミツカンが開発に乗り出したのは、そのための新技術。

皮、芯、さや、種……野菜くずとして捨ててしまうのではなく、そのままぜんぶ活かしつつ、野菜のもつ本来の味わいを知ってもらおう。「ZENB(ゼンブ)」はこうして生まれた。

健康のためにおいしさを犠牲にするのではなく、野菜が足りてない人たちのカラダにも、普段の食事にも、無理のない範囲で「おいしい」と「カラダにいい」がZENBなら両立できる。

そうか、そんな野菜とのつきあい方でもいいのかもしれない。

まずは「ZENB STICK(写真右)」。

濃縮乾燥した野菜をまるごと細かくつぶし、雑穀・ナッツ・果汁を加えて仕上げた野菜スティック。芯までまるごと使った「コーン」と皮まで入った「ビーツ」の2種。

それと「ZENB PASTE(写真左)」。

同じく濃縮野菜を細かくつぶしたものに、こちらはオリーブオイルのみを加えてつくるペーストタイプだ。前述の2野菜に加え「枝豆」も。もちろん、さやまで使っている。味わいだけでなく、野菜のもつ色味もそのまま。

携行性や手軽さを求めるならばSTICKだろう。だが、サンプルを口にした自分のイチオシはPASTEだ。

ハチミツのようなとろみからは想像がつかないくらい、よく知るコーンよりも断然コーン。「茹で」にはない「蒸したて」トウモロコシのあの匂い。混じりっけのないコーンがいる。それでいて舌の上でざらつくような食感はない。

使い勝手も悪くない。スプレッド感覚でパンにつけたり、ヨーグルトに回しかけてもいい。ドレッシングにもなるし、料理のコクを引き出すのにも使える。

わざわざ何か料理をしようとなると腰も重くなるけれど、いつもの食事につけ合わせるくらいがちょうどいい。食卓に調味料をおく感覚で。

ミツカングループ「ZENB」ブランドから、黄えんどう豆のみで作った麺「ZENB NOODLE」がリリース。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
iHerb(アイハーブ)で買える「スプーンでそのまま食べたくなるペースト」3つをご紹介。マシュマロディップ、チョコレートペースト、ピーナッツバターをピック...
中目黒にあるアパレルショップ「DESCENDANT」にて、食と健康に関するポップアップイベント「FARM CLUB」が開催される。有機野菜の即売や、有機農...
冷凍庫から出したカチカチの肉や魚を瞬時に解凍するプレート「HOUCY」。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「Makuake」でファンディングに成功した製品が並ぶMakuakeストア。ファンディング期間を待つことなく、今すぐ手元に届くモノばかり!
新潟で創業65年を誇る「株式会社フタバ」が販売する「UMAMIだし 野菜」が、日本で初めて特定非営利活動法人「ベジプロジェクトジャパン」運営のヴィーガン認...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。