「新鮮な野菜・フルーツを無料で提供する船」が、NYに現れる!?

2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフルーツを自由に手に取れるのだそうです。

無料で食材が手に入る船!?

Photo by Mike Nagle

この施設には、新鮮な食材を扱うスーパーなどが撤退した「Food Desert(食の砂漠)」エリアに、健康的な食を提供する目的があります。

2015年11月には、マンハッタンにある大きなスーパーマーケット「Bridgemarket」が閉店。ネット注文のデリバリーサービスが増えている影響もあり、多くのスーパーにプレッシャーがかかっていると「Bloomberg」が紹介しました。「Web Urbanist」は、NYはどこにいてもカンタンに新鮮な食材が手に入る場所ではない、とも。

プロジェクトリーダーの女性パブリックアーティスト、Mary Mattinglyは、食を公共サービスにする義務感に駆られていると次の動画で語っています。

「食」を公共サービスに。

なぜ船なのか。その理由は、土地面積が限られているNYならでは。動画には、彼女が数名のチームを率いて行った過去の実験が紹介されています。同様に港に船を浮かべ、雨水で作物を育て、ニワトリを飼って卵を採取し、ソーラーパネルを搭載して自給自足の生活を送りました。

その後で思い至ったのが、手間をかけずに船上で多年生植物を育てられないか?とのアイデア。港に、「フードフォレスト(食材の森)」を積んだ船を設置し、自由に出入りできる公園のような場所にしようと計画しています。

食べられる野菜や果物が自由に手に取れる公園だなんて、斬新な取り組みですよね。彼女のコメントの意気込みも十分!

「健康的で新鮮な食材を、無料の公共サービスにできるのだと証明したいです」。

プロジェクトに対する投資や寄付は常時募集中。そのほか詳細は彼女のwebサイトから確認できます。

Licensed material used with permission by Mary Mattingly

関連する記事

「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
果汁工房「Karin」などを展開する果物専門店「青木フルーツホールディングス株式会社」が、フルーツジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE(フルー...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...