「新鮮な野菜・フルーツを無料で提供する船」が、NYに現れる!?

2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフルーツを自由に手に取れるのだそうです。

無料で食材が手に入る船!?

Cec1edc728e15c670e668cc6b3bc16318bcf10162d147b089efe77f913ce1ae98b28c9bf3f280cc8
Photo by Mike Nagle
82925ec35d1dfa3534239ec4b09e2ac624ea73f6

この施設には、新鮮な食材を扱うスーパーなどが撤退した「Food Desert(食の砂漠)」エリアに、健康的な食を提供する目的があります。

2015年11月には、マンハッタンにある大きなスーパーマーケット「Bridgemarket」が閉店。ネット注文のデリバリーサービスが増えている影響もあり、多くのスーパーにプレッシャーがかかっていると「Bloomberg」が紹介しました。「Web Urbanist」は、NYはどこにいてもカンタンに新鮮な食材が手に入る場所ではない、とも。

プロジェクトリーダーの女性パブリックアーティスト、Mary Mattinglyは、食を公共サービスにする義務感に駆られていると次の動画で語っています。

「食」を公共サービスに。

なぜ船なのか。その理由は、土地面積が限られているNYならでは。動画には、彼女が数名のチームを率いて行った過去の実験が紹介されています。同様に港に船を浮かべ、雨水で作物を育て、ニワトリを飼って卵を採取し、ソーラーパネルを搭載して自給自足の生活を送りました。

その後で思い至ったのが、手間をかけずに船上で多年生植物を育てられないか?とのアイデア。港に、「フードフォレスト(食材の森)」を積んだ船を設置し、自由に出入りできる公園のような場所にしようと計画しています。

食べられる野菜や果物が自由に手に取れる公園だなんて、斬新な取り組みですよね。彼女のコメントの意気込みも十分!

「健康的で新鮮な食材を、無料の公共サービスにできるのだと証明したいです」。

プロジェクトに対する投資や寄付は常時募集中。そのほか詳細は彼女のwebサイトから確認できます。

Licensed material used with permission by Mary Mattingly
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...