アメリカの次の記念硬貨に「サモアフルーツコウモリ」が起用

アメリカ合衆国造幣局は、来月3日に新しいデザインの25セント硬貨を限定リリースすると発表した。

新デザインの裏面に描かれるのは"親子のサモアフルーツコウモリ"。これは2010年より始まった記念硬貨を発行するプログラム「アメリカ・ザ・ビューティフル25セント硬貨(America the Beautiful Quarters Program)」の一環でおこなわれるもの。

© sininlinen/Instagram

アメリカ各州及びワシントンD.C.と海外領土にある国立公園の25セント硬貨を毎年5種類ずつ発行し、今回はアメリカ領サモアにある「アメリカン・サモア国立公園」がそのうちのひとつに選ばれた。

サモアフルーツコウモリは、気候変動と商業的な狩猟により絶滅が危惧される生物で、硬貨にデザインすることによって、公的認識や自覚をより高めるのが目的だという。

日本における記念硬貨と違って膨大な数が流通し、実際に手にする機会が多いアメリカの記念硬貨。ほかにもさまざまな種類があるので、ぜひアメリカに行った際には、25セント硬貨の裏面を気にしてみてほしい。

Top image: © iStock.com/adamkaz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事