アメリカの次の記念硬貨に「サモアフルーツコウモリ」が起用

アメリカ合衆国造幣局は、来月3日に新しいデザインの25セント硬貨を限定リリースすると発表した。

新デザインの裏面に描かれるのは"親子のサモアフルーツコウモリ"。これは2010年より始まった記念硬貨を発行するプログラム「アメリカ・ザ・ビューティフル25セント硬貨(America the Beautiful Quarters Program)」の一環でおこなわれるもの。

© sininlinen/Instagram

アメリカ各州及びワシントンD.C.と海外領土にある国立公園の25セント硬貨を毎年5種類ずつ発行し、今回はアメリカ領サモアにある「アメリカン・サモア国立公園」がそのうちのひとつに選ばれた。

サモアフルーツコウモリは、気候変動と商業的な狩猟により絶滅が危惧される生物で、硬貨にデザインすることによって、公的認識や自覚をより高めるのが目的だという。

日本における記念硬貨と違って膨大な数が流通し、実際に手にする機会が多いアメリカの記念硬貨。ほかにもさまざまな種類があるので、ぜひアメリカに行った際には、25セント硬貨の裏面を気にしてみてほしい。

Top image: © iStock.com/adamkaz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
今アメリカではフェイクアボカドが注目されているようだ。
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
iHerb(アイハーブ)おすすめの「クランベリー商品」を3つ紹介。ドライフルーツ、ジャム、グラノーラバーというラインナップです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...