ラトビアが発行した「蜂の巣型5ユーロ」が欲しい!

5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。ご想像の通り、これは市場に流通させるためではなく、コレクター向け。世界各国で使われている硬貨の中でも珍しい形は、マニアならずとも食指が動きます。

同銀行によれば、毎年コレクター向けの硬貨を製造するためにデザインコンペを開催しているそうで、優秀作品を実際に発行するのがラトビアの伝統になっているそうです。

調べてみると、たしかにたくさんのユニークな硬貨が作られています。数年前に日本でも話題になった“猫をあしらった5ユーロ”も、同銀行が発行したものでした。

ラトビアのコイン、要チェックです。

Top image: © Latvijas Banka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。