世界の伝統織物をネクタイにしたブランド「TUNDRA」って?

極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタイに仕上げたのが、ここで紹介する「TUNDRA(ツンドラ)」。実はいま、これまでにない新しいネクタイブランドとして注目を集めているようなのです。

「生地は海外、縫製は日本」
現在は4ヶ国をラインナップ!

D2a1cccea7d527841d17ef8433ff02686e43a773

大量生産が当たり前の現代ファッションとは一線を画す、本当に価値のある商品づくりを目指して誕生した「TUNDRA」は、ハンガリー・フィンランド・ラトビア・ラオスの4ヶ国、全20種類のラインナップを展開中。各国ともに、織物は主に家庭を守る女性の手によって受け継がれてきたため、優しい風合いや温かなデザインなど、従来のネクタイにはないニュアンスを備えているのが特徴です。

01.
おばあちゃんが織る
ハンドメイド工房
ハンガリー

B8c360cc73ade9836ab60701f87b47c78e79dc14

首都ブダペストから西へ100km、パローツ地方の小さな村にこの工房はあります。今も残るパローツの伝統織物の収集と研究、そして女性による技術の継承を目的に設立されたそう。

1dc82e800f8a15dc1b53ad0ac0c6a36819681679B700ebd5352b423b11b686e8bfe64615c0d2c9ac

手織り作業は目で追えないくらい早く、そして正確。仕上がったテキスタイルのクオリティは、ハンドメイドとは信じられないほど。

D92028e012fe8d5a1591ec933f90aa3961ec7c1f

デザインのモチーフに使われているのは、花や果物、星、神様など様々。19世紀から続くこの地方の伝統を脈々と受け継いでいます。

ここには資料としての膨大な量の古布があり、中には100年以上前につくられた生地も。これらを参考に日々新しいデザインを掘り起こし、研究している模様。

B91e7a1ea24373ef0002d03b0ae2cc14d35e794f16e5eb7c8249422e17782c4c3acd97ca642b658b

02.
北欧デザインの源流である
リネン工房
【フィンランド】

9e9d494fb223c6133e265da76cb915ed2387b3be2628d77931234cd0ceeba0103668849704ac1e9e

森に囲まれたこの工場が設立されたのは1920年。フィンランドが長きに渡るロシアから独立を果たした、わずか3年後のことです。ヘルシンキから北西へ約300km、ヨキピーという小さな街のはずれにあります。

1670ecb132ddbed2b8f932844579697f5eaccfdb

当時のオーナーはリネンやウールの縫製を志したものの、フィンランドには技術がなく、エストニアやデンマークから機械を輸入し勉強したそう。

74612c7b45be444c32dc2b889077183baaf83e38

現在、3代目にあたるオーナーは20名程のスタッフとリネンをメインに伝統織物を作り続けています。

19376b0799e287720b922bdedf4d9470138c352cF6dd759e1c33adabb64d10bfd6c8c669985c53ea9ee1f28cad68b9880f2fd57ad61e0de474614d1b

03.
100周年を迎えた
老舗工房
【ラトビア】

F61e0d8a6844045577fbb021d6fdcc440cb1fa98Cf6ea3298067be7380bc9740f589ef7dbe1a662a

首都リガから北東へ90km、人口約8,000人の小さな街、リンバジ。ここにひっそりと佇む工房が設立されたのは1914年。2つの世界大戦とソ連による支配から2度に渡って独立を果たすという、ラトビアにとって激動の時代を経験しています。

Bc347a6d5a640f57778f010482ad4892bad003885c15c1c4fe6f87aa974a59865c51946aa6971e84

そんな悲しい歴史を微塵も感じさせないオーナーの人柄と暖かい工房の雰囲気。ウールとリネンをメインにした伝統織物を扱っており、倉庫には長年受け継がれてきた伝統模様のサンプルやパターンがぎっしり。織り機やプレスマシンも年季の入ったものばかりで、中には100年以上使い続けているものもあるのだとか。

8590c6d81d6017a5cfafd1f78e0985e64cae095060f04d033c5cb37350bfff08f392ece8c732ba57

04.
メコン川のほとり
伝統を継承するシルク工房
【ラオス】

898ca0b038688c71be142ec01e4f89e5e55cbc32

この工房は、ラオスの古都ルアンパバーンの郊外、メコン川のほとりにあります。失われつつある伝統技術を継承し、女性たちに働く場を与える目的で設立。

Da3e5af389e99908b77aa46afa48eab36e0ab48c

紀元前から続くと言われており、多くの少数民族が独自のデザインを持っている、ラオスの織物文化。貴重な数百年前の古布から彼女たちは伝統技術を学び、蘇らせています。

Be48e5487004e51a6a200554823dff049d62366a

高度で複雑な織りもすべて手作業。ここで働く女性の多くはマスタークラスの技術を持っているそうです。

F5059ad595930522ed27fec7cc7e77aa1c9ebde8228f356aeea7022b3c10d6736a21e49f52a66d0aA0686fba1e7cd9811be84e3aa0bdc293fcc1a7d18036329c4c3885edf39f989bd8f8db216bcef002

これらの提携工房のほとんどは生地製作専門。TUNDRAでは「生地は海外、縫製は日本」という体制をとっているようです。

ここで紹介した商品は一部にすぎないので、気になる人はHPをチェックしてみてください。価格は11,900円〜19,400円(税別)でHPからも購入できます。ちなみに今後は、インドネシアやインドなどのアジアの国々、 さらには中米や南米、アフリカと世界中の伝統織物を取り扱っていく予定とのこと。

Licensed material used with permission by TUNDRA
防水素材を使ったドリンクホルダー付きのネクタイ。開発にはしっかり時間をかけています。これさえあれば、飲み物をこぼすことはもうないかも?
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
いまや、愛犬の健康管理すらもスマホで行ってしまえる時代のようです。この「WonderWoof」は、犬の行動を分析しつつ、犬種やサイズ、年齢に合った運動や睡...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
お気に入りのドッグウェアを見つけるのって、結構苦労するものです。なかなか気に入ったものが見つからなかったり、あってもサイズが合わず諦めるしかなかったり。自...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。