超簡単!「質のいいネクタイ」を一目で見分ける方法

「あなたが今日巻いていたネクタイは、仕事が終わって結び目をほどいたとき、シワシワになっていませんでしたか?」──。

質の高いネクタイは、復元性が高くシワになりづらいとされています。そして、ふっくらとしなやかでシワになりづらいネクタイの条件のひとつとして「手縫い/ハンドメイド」が挙げられますが、機械で作られたものか手作業で縫い上げられたものかを見分ける簡単な方法があるんです。

それは、ネクタイの剣先(太いほう)の裏側にループ状の糸があるかないか。これは「たるみ糸」と呼ばれる、手縫いで作られたネクタイにしか存在しないパーツなんです。

これは、ネクタイをキュッと結んだ際に生地が破れたり糸が切れたりしないよう、縫い糸をわざと余らせて“遊び”を生む構造であり、この縫い方は、機械がどんなに発達した現在でも手縫いでしか実現できないものなのです。

また、ネクタイが引きつってしまったときなども「たるみ糸」を優しく引っ張ることで元のフォルムに戻すことができます。

デザインやカラーリングで選びがちなネクタイですが、次は“裏側”をみて決めてみてはどうですか?

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
ファッション、グラフィック、ファニチャーなど様々なプロダクトを生み出す総合ブランド「BAM(バム)」が、「阪急メンズ東京」と「阪急メンズ大阪」にて、世界に...
多くの語るべきポイントやウンチクが満載の「ネクタイ」。そのネクタイの型崩れを防止する「芯地」というパーツには、こんな秘密と工夫、そして歴史と文化の変遷が隠...
防水素材を使ったドリンクホルダー付きのネクタイ。開発にはしっかり時間をかけています。これさえあれば、飲み物をこぼすことはもうないかも?
大人の男性ならきっと誰もがもっている「ストライプのネクタイ」には、こんな意味と秘密があったのです。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタ...
いまや、愛犬の健康管理すらもスマホで行ってしまえる時代のようです。この「WonderWoof」は、犬の行動を分析しつつ、犬種やサイズ、年齢に合った運動や睡...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
お気に入りのドッグウェアを見つけるのって、結構苦労するものです。なかなか気に入ったものが見つからなかったり、あってもサイズが合わず諦めるしかなかったり。自...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
糖質制限を研究して11年という管理栄養士の大柳珠美さんの著書『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)では、糖質だけを意識するのではなく、代わ...
糖質制限中だからって、大好きなパンを我慢する必要はありません。この「クラウドブレッド」さえ覚えてしまえばね。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
一目惚れした女性と、早くお近づきになりたいと思う男性は多いものです。大学受験のために通っている塾で先輩に惹かれたけれど、学生だからアプローチの仕方が分から...
糖質制限理論をもとに、2万人以上に食事指導を行ってきた、栄養管理士の大柳珠美さん。近著『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)では、糖質の代...
ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...