ネクタイのストライプに「右下がり」と「右上がり」がある理由

ネクタイの柄ときいて、多くの人が真っ先の思い浮かべるであろう“斜めに走るストライプ”のデザイン。

「連隊の~」を意味する「レジメンタル(resimental)」と呼ばれるこのデザインは、もとはイギリスの陸軍連隊に由来する柄であり、色の組み合わせによって所属部隊を判別するための目印とされていました。

ちなみにこのレジメンタルタイ、正面から見てストライプが右上がりものが英国式右下がりが米国式(※1)といわれているのですが、ストライプの向きが異なる理由ははっきりとはわかっていません。

「アメリカの老舗紳士服ブランドであるブルックス ブラザーズが独自性を出すために英国式と反対にした」や「米国のテーラーが鏡に映った姿を参考にして仕立てたため柄が反転してしまった」などといったいくつかの説が存在しますが、どれも決定的な証拠は見つかっていないようです。

また、多くの文字の横棒が右上がりで書かれることからもわかる通り、人間は直感的に右上がりのストライプを美しいと感じる傾向をもつとされているのですが、右下がりの米国式が格好わるいかというと決してそうではなく、じつは「ベストを着たときに目がいく結び目のストライプが右上がりになるように計算されている」という説も......。

トラッドファッションが英国で生まれたスタイルであることを考えると、本来であればスーツには右上がりストライプが施された英国式のネクタイを合わせるのが基本。でも、ファッションは時代とともに変化するものであり、手軽に楽しめる自己表現の手段でもあります。

形式やルールにとらわれず、着ていて楽しいと感じる“あなただけのオシャレ”を探してみてはどうですか?

※上記、諸説あり。

※1/「レジメンタル」ではなく「レップストライプ」とも呼ばれる。

Top image: © 2019 TABI LABO
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
多くの語るべきポイントやウンチクが満載の「ネクタイ」。そのネクタイの型崩れを防止する「芯地」というパーツには、こんな秘密と工夫、そして歴史と文化の変遷が隠...
ファッション、グラフィック、ファニチャーなど様々なプロダクトを生み出す総合ブランド「BAM(バム)」が、「阪急メンズ東京」と「阪急メンズ大阪」にて、世界に...
お茶を軸にした和風カフェ「伊右衛門カフェ」が品川と川崎にオープン。バラエティ豊かで“映え”るメニューが目白押しの話題のニュースポットで至福のひとときを。
パリで復活したラグジュアリートラベル雑誌「ホリディ・マガジン」の世界観から生まれたアパレルコレクション「ホリデイ・ボワロ」日本初POP-UP STOREが...
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
あなたが巻いているネクタイは結び目をほどいたときシワシワになりますか? もしなるようなら......。
防水素材を使ったドリンクホルダー付きのネクタイ。開発にはしっかり時間をかけています。これさえあれば、飲み物をこぼすことはもうないかも?
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
「ニュージーランド航空」が全身がすっぽり収まりフルフラットの睡眠エリアを擁するエコノミー「スカイネスト」を発表した。
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
2月11日、大手一般消費財メーカーの「ユニリーバ」が、子どもに訴求する広告・マーケティングの一部の廃止を発表。
イギリスの紳士靴メーカー〈GRENSON(グレンソン)〉のノヴェルティ。トラベルティナルな水牛の角で作られたシューホーンです。有機的な色彩やレザーコードが...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。