アメリカで大人気「ファッションサブスクリプション」って?【ショップ7選】

サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあたります。

月額料金を支払い、商品を受け取るというところまでは同じ。ちょっと違うのは、ショップ側にこちらの好みなどを伝えた上で、専門のスタッフがセレクトしたアイテムが届けられるというところ。

The Business of Fashion」によると、2014年の収益が業界全体で50億ドル(約5,126億円)あったというのですから、非常に大きなマーケットと言えますよね。

この中で人気を博しているのが、ファッション系のサービス。月々の定額料金もしくは無料で服を送ってくれ、気に入ったものだけお金を払ってあとは送り返す、というスタイルが基本。レディース、メンズともにさまざまなショップがありますよ。

01.
Trunk Club

2009年創業の老舗で、アイテムの平均価格は200ドル(約20,000円)程度。専属のパーソナルスタイリストがその人に合わせたスタイルを選んでくれるのが特徴です。シカゴ、ワシントンD.C.、ロサンゼルスなどにある同社の「クラブハウス」でスタイリストと直接会って服を選んでもらうこともOKな、直接のつながりを重視しています。

西海岸を中心に展開するデパート「ノードストローム」がパートナーなので、「サルヴァトーレ・フェラガモ」、「セオリー」、「Rag & Bone」など、提案ブランドの幅が広いのがポイント。

それだけに、アイテムがハイプライスという意見もありますが、アメリカのファッション誌「InStyle」は「サブスクリプションサービスの中でベスト」と評価しています。

10日間試したら、気に入ったものだけお金を支払い、あとは返品するシステム。実はメンズからスタートしました。

02.
Unlimited

2016年スタート。月額139ドル(約14,000円)で「マルニ」「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」などのハイブランドを3アイテム好きなだけ借りられるというもの。

ワンピースからハンドバッグ、アクセサリーまで取り揃えているので、トータルコーディネートもできちゃう。ウエディングやデート、パーティなどのオケージョン別でも選べるので、イベント時には使い勝手が良さそう。

03.
FYTSO

2015年からサービスを開始。アイテムの平均価格は50ドル(約5,000円)から。アスレチックウエアやギアを専門に扱っていて、届くアイテムはスポーツブラにウエア、シューズまで。「アンダーアーマー」や「NIKE」、ライフスタイルクロージングブランドの「prAna」などを届けてくれます。色の変更などにも対応しているほか、もし返品したい場合はボックス到着後3日以内に送り返せばOK。欲しいものにだけお金を払うシステムです。

それだけではありません、健康的なライフスタイルを提唱するウエブマガジンを展開していて、30分間のシンプルなエクササイズやヘルシーな食べ物、フィットネスガジェットなどを紹介するなど、コンテンツも豊富。

04.
allure BEAUTY BOX

2015年にスタートした、アメリカのビューティマガジン「allure」のボックス。月15ドル(1,500円)でエディターが選んだ化粧品サンプルを5〜6種類送ってくれるというもの。「BOBBI BROWN」や「PHILP B」、「juice BEAUTY」など有名ブランドのアイテムが入っているのが美容雑誌らしいところ。

ここからは、メンズ用サービスも紹介していきましょう。

05.
Bombfell

2011年からビジネスを展開。1アイテムの平均価格はだいたい89ドル(約9,000円)。デリバリーは基本月1回で、取り扱っているブランドは「Grayers」や「Ben Sherman」、「Original Penguin」など。届いたら10日間試して、欲しいものにだけお金を払い、そのほかは送り返すという仕組み。

FacebookやLinkedInなどのSNSからソーシャルデータを分析し、その人に合ったフィット感やスタイルをシステム的に提案、最終判断は人のスタイリストが行うというテクノロジーがユニークなポイント。実際にサービスを利用している人のレビューが豊富なのも安心です。

06.
Manpacks

2009年創業した、アメリカ初の男性必需品サブスクリプションサービス。

月1回の配送で商品は15ドル(1,500円)から。男性のベーシックアイテムと言えるTシャツや靴下から、シャンプーやソックス、デオドラントにコンドーム(!)まで、生活必需品を送ってくれます。

ワンアイテムにこだわった専門サービスも!

07.
Sock Panda

2011年スタート。月1足12ドル(約1,200円)から。日本へは送料込みの15ドル(約1,500円)で対応してくれます。白と黒ばかりの靴下に飽き、カラフルでユニークなデザインを自社開発しているのだそう。

そのデザインは、サメと恐竜が戦っているものや、ブルー地にピンクやイエローのドットがあしらわれたもの、モンドリアン柄など、かなり個性的。85%ペルー綿を使用するなどクオリティにもこだわりが見えます。

3歳の子どもから大人までのサイズを用意していて、男女ともにサービスを提供。面白いのは、どんな柄が送られてくるか、商品が届くまでわからないところ。もちろん大まかな好みとして「スタイリッシュ」「大胆」などのチョイスはできますが、Sock Pandaが選んだものが毎月届くのだそう。もし気に入らなかったら交換もOK。派手な靴下は会話のきっかけになるかも?

日本での展開は?

ファッションサブスクリプション、新しいスタイルや組み合わせを試したりする楽しさがありますよね。しかもプロのコーディネートなら安心。「クールビズで何を着たらいいかわからない」という男性も多いようですが、そんな時このサービスは強い味方となりそう。

日本ではmixiなどがサービス展開に乗り出しています。ノイエジークが手がける「airCloset」は、設立1年半で会員数が約8万人を超すなど、予想を大きく上回る結果に。これからの成長が期待できる分野となっていきそうです。

andmore
他の記事を見る
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。