ルイジアナ州では「腰パン」が違法!アメリカ一部地域でファッションが禁止されている理由とは?

ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっている。

85singo_shutterstock_266997803

2013年4月、ルイジアナ州のテレボーン郡で新たに決まった法律が話題を呼んだ。公共の場で、ウエストを露わにして下着をみせるようなボトムの穿き方をした場合、罰金を課せられる。

ニューオーリンズのニュースサイト「WWLTV」の記事によれば、初犯の場合は50ドル、再犯の場合は100ドル、さらに常習者については罰金以外にコミュニティ活動への参加など、様々なペナルティが設けられた。

85singo_shutterstock_61490818

腰パンといえば、ヒップホップを代表とするブラックカルチャーを連想する人も多いだろう。そして、この新しい法は明らかに黒人男性のファッションへと目を向けたものだと言われている。

ちなみに、この法律を擁護する黒人地位向上委員会(NAACP)のテラボーン郡代表Jerome Boykin氏は、こんなコメントを発表している

「腰パンを見ていていい気持ちのする人間はいない。これは黒人の問題でもなく、白人の問題でもない。人々の問題だ

85singo_shutterstock_178822163

もちろん、着ているものを制限するなんて、憲法違反では?との声や、法律が踏み込む問題ではなく、機能しないだろうとの意見も。しかし、アメリカではニュージャージーやジョージアなど、すでに10箇所以上の州で同じような法律が存在しているという。

元々は刑務所に収監された若い男性囚人の間で、別の男性に性的なアピールをする目的で始まったものと言われているが、それも眉唾。しかも、今となってはファッションの一つである印象が強い。

ちなみに、ニューヨークではこんなコピーが話題にも。

「ズボンを上げて、イメージアップしよう!」(Raise your pants,Raise your image!)

自由の国とも呼ばれているアメリカにしては、少々手厳しい法律にも思えるが、アメリカのメディア「American Overlook」の記事によれば、今もその法律は撤廃されることなく残っているという。

下着が見えることのある「腰パン」にルーズな印象があるのは否めないが、服装の自由を主張する人々の声も確かにもっとも。どこからどこまでを公的に許されるファッションとして認めるのかは基準が難しい話ではあるが、少なくともアメリカを旅行する際には、少しベルトをタイトに締めておいた方がいいかもしれない。

Reference:WWLTV , American Overlook

他の記事を見る
深刻な腰の痛みは一部の脊推骨が歪んでいるか、神経が傷ついている可能性もあるといいます。気になる痛みがあれば、放っておかずに原因を突き止めておきたいところ。...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
「炭水化物×炭水化物」は反則だと思う。ラーメン&炒飯、そばめし、焼きそばパン...。この罪悪感と幸福感が入り混じったおいしさは、もちろん日本だけのものじゃ...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。