「腰が痛い」時におすすめのストレッチはこれ!

マッサージも気持ちいいけれど、体のコリやハリを根本から改善したいなら、「ストレッチ」がおすすめです。

デスクワークの頑張りすぎで、あちこち痛くなっている方は、少しだけ手を休めて、人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレッチ法をやってみてください。難しいことは一切なしで、体が軽くなります。

コリやハリは放って置くと、ますます体は動かなくなり、「疲れやすい体」になってしまいます。だったらもう、やるっきゃない!

第六弾は、「腰の痛み」に効くストレッチです。

監修:なぁさん

解剖学を熟知したパーソナルストレッチ専門家。17歳で少林寺拳法の高校日本一、大学では全日本3位に。Twitterでは、元デスクワーカーの経験も活かし、わかりやすいストレッチ動画やストレッチに関する情報を発信。2020年9月からはオンラインレッスンがスタート。効果はもちろん、フレンドリーで相談しやすいキャラも人気の理由。

腰が痛くなる原因と
改善メカニズム

腰が痛い人は腰椎の周りを伸ばすといいんですが、それには以前「背中」のストレッチで紹介した「脊柱起立筋」のストレッチか、今回紹介する「腰方形筋」のストレッチがおすすめです。

腰方形筋は骨盤と腰椎を結んでいて、体をひねる時に使う筋肉。デスクワークではあまり使わないので、固まりやすいんです。

骨盤から腰椎まで繋がっている腰方形筋をストレッチすると、一気に伸びる感じがありますよ。

ということで、「腰方形筋」をストレッチで柔らかくしていくぞ〜

腰が痛い時におすすめの
ストレッチはこれ!

【やり方】

  1. 椅子に座って足を開く
  2. 片方の手を頭の後ろへ添え、反対の手を床に向かって垂直にまっすぐ伸ばしていく

  3. 20秒を3セット、終わったら反対側も同様に

腰のストレッチは
ここに気をつけて!

頭に添えた手は補助的なものなので、前に押さないように。大事なのは、下に伸ばす手。前に出すほど伸びは弱くなってしまうので、垂直にまっすぐ、なるだけ体に近いところに伸ばすこと。

👇なぁさんの最新刊も要チェック👇

Top image: © 2020 NEW STANDARD