アメリカに「ママチャリ」がない理由

日本ではスーパーへの買い物や通勤・通学、子どもの送り迎えなど、近距離の移動になくてはならない通称・ママチャリ

でも、アメリカを舞台にしている映画やドラマに、日本のようなママチャリが登場することは、まずありません。

前カゴと後部の荷台を活用することで大量の荷物を運ぶことができ、少々の悪路でも気にせず走れて、モデルによっては数段階のギアまで装備されている非常に便利な日常の足が、アメリカではなぜ普及しないのでしょうか?

そこにはアメリカならではの、こんな理由がありました──。

まず、もっとも大きな理由として挙げられるのは、アメリカは目的地までの距離が遠いということ。田舎のほうであれば、いちばん近いスーパーまで自動車で1時間かかるなんてこともザラにあります。さすがにママチャリで移動できる距離ではありません。

次に、治安の問題。アメリカに限ったことではありませんが、日本に比べて引ったくりやスリ、強盗などが多いエリアで、買い物袋や貴重品を入れたバッグをロックもせずに前カゴに入れるなど自殺行為といえるのです。

とはいえ、一時、アメリカでもママチャリのような自転車がブームになった時代がありました。

1970年代の初頭からわずか数年間、総合大学(ユニバーシティ)に通う中産階級以上の家庭で育った大学生たち......今でいうリア充の若者たちの間で、前カゴとギアがついたママチャリ風の自転車に乗ることがステイタスとされていたんです。

しかし、リア充の熱しやすく冷めやすい気質は昔も今も変わらないようで、そのブームはすぐに廃れてしまったのでした。

なんにせよ、日本にここまでママチャリが普及しているのは、生活圏がコンパクトに設計された優れたランドスケープと事件や事故に巻き込まれづらい治安のよさが理由といえるのではないでしょうか。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
これまで幾度となく世間が注目するPRに成功してきたケンタッキーフライドチキン。そして、そのアイコン的存在である「カーネルおじさん」。先日、DJとして参戦し...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
先日、嗜好用マリファナが解禁となったばかりの話題を呼んだカナダで起きた驚きの話を紹介します。
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
なんだか妙に顔がリアルな熊の寝袋。手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト。作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えてドイツの人里に現れた熊が、捕ま...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
ルート66は、アメリカで一番古いインターステーツ(州間高速自動車道)だ。1926年に開通したこの道は、アメリカ初の国道として創設された。別名は、マザー・ロ...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。