アメリカに「ママチャリ」がない理由

日本ではスーパーへの買い物や通勤・通学、子どもの送り迎えなど、近距離の移動になくてはならない通称・ママチャリ

でも、アメリカを舞台にしている映画やドラマに、日本のようなママチャリが登場することは、まずありません。

前カゴと後部の荷台を活用することで大量の荷物を運ぶことができ、少々の悪路でも気にせず走れて、モデルによっては数段階のギアまで装備されている非常に便利な日常の足が、アメリカではなぜ普及しないのでしょうか?

そこにはアメリカならではの、こんな理由がありました──。

まず、もっとも大きな理由として挙げられるのは、アメリカは目的地までの距離が遠いということ。田舎のほうであれば、いちばん近いスーパーまで自動車で1時間かかるなんてこともザラにあります。さすがにママチャリで移動できる距離ではありません。

次に、治安の問題。アメリカに限ったことではありませんが、日本に比べて引ったくりやスリ、強盗などが多いエリアで、買い物袋や貴重品を入れたバッグをロックもせずに前カゴに入れるなど自殺行為といえるのです。

とはいえ、一時、アメリカでもママチャリのような自転車がブームになった時代がありました。

1970年代の初頭からわずか数年間、総合大学(ユニバーシティ)に通う中産階級以上の家庭で育った大学生たち......今でいうリア充の若者たちの間で、前カゴとギアがついたママチャリ風の自転車に乗ることがステイタスとされていたんです。

しかし、リア充の熱しやすく冷めやすい気質は昔も今も変わらないようで、そのブームはすぐに廃れてしまったのでした。

なんにせよ、日本にここまでママチャリが普及しているのは、生活圏がコンパクトに設計された優れたランドスケープと事件や事故に巻き込まれづらい治安のよさが理由といえるのではないでしょうか。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
ブーム再燃中!ストレス解消もできて自律神経も整うという一石二鳥の暇つぶし「大人の塗り絵」を紹介。厳選1冊目は猫や様々な生き物が登場する「にゃんコロリアージ...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
8月20日、アメリカ農務省とノースカロライナ州立大学による食べ物の洗い方に関する調査結果が公開された。注目したいのは、彼らが「調理前の鶏肉の水洗いは控えて...
今週14日(火)、チルドカップ飲料「チュッパチャプス ストロベリークリーム」が全国発売となった。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
今回は吉祥寺に6月1日にオープンした「挽肉と米」。人気すぎてなかなか入れない「挽肉と米」が出すハンバーグって、どーなんよ?
自分だけのワークアウト用プレイリストを作成してくれるサービス「Soundtrack Your Workout(サウンドトラック ユア ワークアウト)」がデ...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。