アメリカに「ママチャリ」がない理由

日本ではスーパーへの買い物や通勤・通学、子どもの送り迎えなど、近距離の移動になくてはならない通称・ママチャリ

でも、アメリカを舞台にしている映画やドラマに、日本のようなママチャリが登場することは、まずありません。

前カゴと後部の荷台を活用することで大量の荷物を運ぶことができ、少々の悪路でも気にせず走れて、モデルによっては数段階のギアまで装備されている非常に便利な日常の足が、アメリカではなぜ普及しないのでしょうか?

そこにはアメリカならではの、こんな理由がありました──。

まず、もっとも大きな理由として挙げられるのは、アメリカは目的地までの距離が遠いということ。田舎のほうであれば、いちばん近いスーパーまで自動車で1時間かかるなんてこともザラにあります。さすがにママチャリで移動できる距離ではありません。

次に、治安の問題。アメリカに限ったことではありませんが、日本に比べて引ったくりやスリ、強盗などが多いエリアで、買い物袋や貴重品を入れたバッグをロックもせずに前カゴに入れるなど自殺行為といえるのです。

とはいえ、一時、アメリカでもママチャリのような自転車がブームになった時代がありました。

1970年代の初頭からわずか数年間、総合大学(ユニバーシティ)に通う中産階級以上の家庭で育った大学生たち......今でいうリア充の若者たちの間で、前カゴとギアがついたママチャリ風の自転車に乗ることがステイタスとされていたんです。

しかし、リア充の熱しやすく冷めやすい気質は昔も今も変わらないようで、そのブームはすぐに廃れてしまったのでした。

なんにせよ、日本にここまでママチャリが普及しているのは、生活圏がコンパクトに設計された優れたランドスケープと事件や事故に巻き込まれづらい治安のよさが理由といえるのではないでしょうか。

※上記、諸説あり。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...